キム・ハクボム号のオリンピック金メダル確率7位…スペイン1位・日本4位
NEWSIS



※一部要約

キム・ハクボム監督が率いる韓国サッカー代表の"2020東京オリンピック"優勝確率は本戦16の参加国のうち7位とされた。

日本のサッカーダイジェストが21日、英国の有名ブックメーカー"ウィリアムヒル"のベッティング確率を引用して今回のオリンピック男子サッカーの優勝候補を分析した結果である。
これは最終の優勝確率の数値だ。

優勝確率1位のスペインは2.87倍とされた。
続けてブラジル(3.75倍)、フランス(6.00倍)、日本(9.00倍)、ドイツ(9.00倍)、アルゼンチン(9.00倍)の順だった。

ルーマニア34倍、メキシコ41倍、コートジボワール67倍、エジプト81倍、ニュージーランド151倍、ホンジュラス201倍、オーストラリア・サウジアラビア・南アフリカがそれぞれ251倍を記録した。

韓国オリンピックサッカー代表は"2012ロンドンオリンピック"以来、9年ぶりにメダル獲得を狙う。
東京オリンピックのグループリーグでB組に属した韓国は、22日午後5時に鹿島の鹿島スタジアムでニュージーランドと1次戦を行う。
続けて25日にルーマニア、28日にホンジュラスと順番に当たる。


スポンサーリンク
楽天





キム・ハクボム号、オリンピック参加国の身代金9位…1位スペインと何と19倍差
エクスポーツニュース



※一部要約

大韓民国オリンピックサッカー代表選手団の身代金は参加国の中で中下位圏に属していた。

移籍市場専門サイトのトランスファーマルクトは20日、東京オリンピックに参加する男子サッカー参加国の身代金ランキングTOP10を発表した。

キム・ハクボム監督が率いる大韓民国オリンピックサッカー代表は2950万ユーロ(約399億ウォン)の身代金を記録して9位に上がった。
代表内で最も高い身代金を記録した選手はイ・ガンイン(バレンシア)で1000万ユーロ(約135億ウォン)だった。

次いでワイルドカード選手のファン・ウィジョ(ジロンダン・ボルドー)が500万ユーロ(約67億ウォン)、クォン・チャンフン(水原三星)が200万ユーロ(約27億ウォン)で続いた。
その後にソン・ミンギュ(全北現代)が150万ユーロ(約20億ウォン)、イ・ドンジュンが130万ユーロ(約17億ウォン)、ウォン・ドゥジェが100万ユーロ(約13億ウォン)で続いた。

日本は7780万ユーロ(約1053億ウォン)で8位だった。
日本で最も高い身代金を記録した選手は冨安健洋(ボローニャ)で2000万ユーロ(約270億ウォン)を記録し、久保建英(レアル・マドリード)が203億ウォンで続いた。
大韓民国より低い10位はエジプトで、1870万ユーロ(約253億ウォン)の身代金を記録した。

一方、オリンピックチームの中で1億ユーロを超えるチームは6チームにもなる。
最も低い6位チームのコートジボアールが1億1880万ユーロ(約1608億ウォン)の身代金を記録し、我々の評価試合の相手だったフランスが1億2150万ユーロ(約1645億ウォン)、アルゼンチンが1億2810万ユーロ(約1734億ウォン)でそれぞれ5位と4位に上がった。
1位はスペインだったが、何と5億6300万ユーロ(約7625億ウォン)の身代金を誇った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...