[U-23インタビュー] アルゼンチン監督、「韓国と4強で会えることを」と念願
インターフットボール



※一部要約

アルゼンチンのフェルナンド・バティスタ監督が大韓民国との相互扶助を望んだ。

キム・ハクボム号は東京オリンピックの前に2回の評価試合を準備している。
迫る13日にはアルゼンチン、16日にはフランスを相手にする。

アルゼンチンの監督であるバティスタ監督は12日5時30分、画像インタビューに姿をあらわした。
彼は「まず大韓民国に歓迎してくれてありがとう。オリンピックを準備する最終戦として韓国戦をする。既存の準備過程において我々は一部で親善試合をしたが、最終戦の韓国戦を通じて1次戦のオーストラリアを点検する契機にする」と所感を明かした。

アルゼンチンはエジプト、スペイン、オーストラリアとC組に編成されている。
対陣上、大韓民国と会うには4強以降で可能だ。
それについてバティスタ監督は「オリンピック4強で会えばと望んでいる。互いに成績を上手くおさめて4強で会うことを願っている」と応援した。


スポンサーリンク
楽天





アルゼンチンオリンピックチーム監督、「U-20WCでも会った韓国、組織的で完成度が高い」
OSEN



※一部要約

アルゼンチンと韓国は4強以上進出時に対決する可能性がある。
バティスタ監督は「オリンピック本戦4強で会いたい」という期待感を伝えた。
続けて「韓国とは2019ポーランドU-20ワールドカップのときも会ったが、強いチームだと思うし良い選手も多いと思う。1~2人の選手に言及するより、全体的に組織的で完成度の高いチームだと思う」と付け加えた。

アルゼンチンは3月に日本オリンピック代表と評価試合を行って1勝1敗を記録した。
バティスタ監督は「韓国と日本は様々な面で似ている。基本的にフィジカル的な優位とスピードを活かしてプレーするのが似ている」と評価した。

バティスタ監督はアルゼンチンA代表がコパ・アメリカで優勝した勢いを続けたいという意向を明かした。
「まずA代表がコパで優勝したのは感激的なこと。国民が長らく念願していた」として、「基本的に良い感じだ。できるだけ今大会で生き残るという期待感がある」と語った。

続けてバティスタ監督は「少なくともメダル圏に入るという期待と念願がある。どうせなら金メダルを取れるよう、すべての準備を尽くしている。グループリーグをしっかり突破して、競技力などすべての面でしっかり準備する」と意欲をあらわした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...