"パク・ハンソマジック"はもう日本を狙う…ベトナム最終予選で同組
スポータルコリア



※一部要約

"パク・ハンソマジック"のベトナムが日本を越えてワールドカップ進出の夢を実現するか。

1日、マレーシア・クアラルンプールのAFC本部で2022カタールワールドカップアジア最終予選の非対面組み合わせ抽選式が行われた。
ベトナムは日本をはじめとしてオーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーンとB組に属した。

ワールドカップ出場の奇跡に挑戦するベトナムの巨大な障害物は日本だ。
ベトナムはこれまでAマッチで日本に勝ったことがない。
パク・ハンソ監督が就任して戦力が急成長したベトナムだが、2019UAEアジアカップ8強で会って0-1で日本に敗れたことがある。

オーストラリアとサウジも険難な対決が予想されるが、日本を越えなければベトナムの奇跡は実現しない。
パク・ハンソ監督とベトナムの日本戦2回目の挑戦に注目するところだ。


スポンサーリンク
楽天





パク・ハンソのベトナム、日本・オーストラリア・サウジの隙間で生き残るか?
スポーツ東亜



※一部要約

国内ファンの最大の関心はパク・ハンソ監督のベトナムの成績だ。
2次予選G組2位(5勝2分け1敗、勝ち点17)でベトナムサッカー史上初の最終予選に上がった中で、上位圏との争いでも通用するのかに関心が傾いている。
ベトナムのFIFAランキングは92位でA組最下位のレバノン(93位)より1段上である。
現実的に同組で競えそうなチームは中国(77位)とオマーン(80位)だ。
中国との歴代戦績では6敗、オマーンとは2敗でわずか一度も勝てなかった。

だがパク・ハンソ監督が就任してからベトナムは上り調子に乗っている。
2018アジアサッカー連盟U-23準優勝、2018アジア大会4位、2018スズキカップ優勝、2019アジアカップ8強、2019東南アジア競技大会優勝など、立て続けに成果を上げた。
パク監督は先月、国内メディアとのインタビューで「新たな挑戦をどのように切り開くのか悩んでいる」と最終予選を前に覚悟を明かしていた。




日震えてるのか?パク・ハンソマジックに「ベトナム避けたかった」
スポータルコリア



※一部要約

パク・ハンソ監督が率いるベトナム代表は大韓民国を避けたが、日本を相手にすることになった。
日本は戦力優位にもかかわらずベトナムを恐れている。

ベトナムは2017年末のパク・ハンソ監督就任から常勝疾走している。
2018AFC U-23チャンピオンシップ準優勝をはじめとしてアジア大会4強、2019アジアカップ8強、そして今回の最終予選進出まで新たな歴史を作っている。

今や名実ともに東南アジア最強チームに生まれ変わったわけだ。
パク・ハンソ監督はベトナム代表に闘志と力を吹き込み、アジアの強豪に対抗するチームを作った。

だが現実は依然としてB組最下位に挙げられている。
B組のどのチームもベトナムの1勝の相手ではない。
険難な最終予選が予告されている。

B組最強チームの日本はベトナムに違う見方をしている。
日本メディアのサッカーダイジェストはパク・ハンソ監督のインタビューとともに、日本ファンの反応を伝えた。

日本ファンは「ベトナムは全力で挑戦しなければ勝てない」、「できれば避けたかった。パク・ハンソ監督がかなり意気込んでくるだろう」、「自らを弱者と理解して愚直な方法で来るだろう」と警戒した。

パク・ハンソ監督は2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会のグループリーグで日本を破ったことがある。
韓日戦というライバル意識も大きく作用するだろう。
不敵なベトナムが日本を相手に奇跡を演出するのか注目される。


【関連記事】
韓国メディア:パク・ハンソとシン・テヨンに押された西野朗監督、タイ代表更迭迫る


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...