ファン・ウィジョ、「オリンピックはプレーしてみたかった大会、得点チャンスを作ることに集中」
OSEN



※一部要約

「オリンピックは選手としてプレーしてみたかった大会だ。FWとして得点チャンスを作ることに集中する」

キム・ハクボム監督が率いるオリンピックサッカー代表は2日午前、東京オリンピック最終エントリー22人を確定してから最初の焼入れを行った。

先だってファン・ウィジョ、クォン・チャンフン、キム・ミンジェらのワイルドカード3人を含めた18人を選抜していたキム・ハクボム号は、FIFAのエントリー拡大でこの日にアン・チャンギ、イ・サンミン、カン・ユンソン、キム・ジンギュを追加抜擢して最終リストの構成を終えた。

キム・ハクボム号は13日に龍仁でアルゼンチン、16日にソウルでフランスと最終模擬試験を行った後、17日に決戦の地である東京に出国する。

代表の最前方を担う長兄ファン・ウィジョはこの日の午後、坡州NFCで行われた記者会見で「練習期間に選手とできるだけしっかり合わせて大会に出場して最善を尽くす。目標よりは毎試合勝っていくことが最も重要」として、「FWとして最善を尽くす。良いチャンスや得点の過程を作ってチームの役に立つよう熱心にプレーする」と両拳をギュッと握った。


スポンサーリンク
楽天





Jリーグ経験者のファン・ウィジョ、「日の芝は短くて暑くジメジメして大変だが…」
ベストイレブン



※一部要約

長兄としてチームを導くことになったファン・ウィジョは、末っ子のイ・ガンインについて「ガンインはもともと上手くやる選手だ。先輩と親しく過ごしているので心配ない。運動場でしっかり合わせる」と語った。

オリンピックが行われる日本は韓国と比べて芝が短く、水気が多いという差異点がある。
キム・ハクボム監督は「芝が最も心配だ。いくら準備して行っても適応は難しい。あえて坡州の練習場の芝も短く刈るようにした」と心配したことがある。

日本Jリーグのガンバ大阪でプレーしたことのあるファン・ウィジョの経験談が後輩の役に立つかもしれない。
ファン・ウィジョは「練習のとき(弟に)話すだろうが、日本は芝が短くて難しい。天候は韓国より暑くてジメジメして大変だが、選手にしっかり話して準備する」と答えた。

ファン・ウィジョは自分が直接所属チームのボルドーを説得してオリンピック出場の許可を得た。
その背景について「選手として必ずプレーしてみたかった大会だ。選手、監督と思い出を残したかった。所属チームがちゃんと理解してくれた」と聞かせた。

また、今大会の目標について「やってないのでわからないが最善を尽くす。1試合1試合しっかりやる。FWとして自分がすることに最善を尽くす。チームに役立つよう献身する」と誓った。


【関連記事】
【東京オリンピック】U-24韓国代表の現地適応で一番の問題は日本特有の芝…「サッカーシューズを選べない」
【東京オリンピック】韓国U-24代表の最終18人確定「キム・ミンジェ不在時のプランB用意」「福島産の食べ物は…」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...