"死の組"韓国、イランら中東5ヶ国とA組…カタールWC最終予選
OSEN



※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表が、ワールドカップ最終予選で手強い中東遠征を乗り越えなければならない。

AFCは1日、マレーシア・クアラルンプールにある本部で2022FIFAカタールワールドカップアジア地区最終予選の組み合わせ抽選式を行った。

韓国はA組に編成された。
A組には韓国をはじめとしてイラン、アラブ首長国連邦(UAE)、イラク、シリア、レバノンが属することになった。
韓国を除くすべてのチームが中東地域の国で、手強い最終予選の日程が予想される。

一方、B国には日本、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムが編成された。
史上初のワールドカップ最終予選に上がったパク・ハンソ監督のベトナムは日本、オーストラリアらの強豪チームとの対決を控えている。

韓国は9月から始めて2022年3月まで計10試合の最終予選を行う。


スポンサーリンク
楽天





韓国、イランら中東チームと"死の組"…日本は幸運のB組
SPOTVニュース



※一部要約

2022カタールワールドカップアジア地区最終予選で韓日戦は行われない。

アジア地区最終予選では進出権4.5枚をかけて12ヶ国が2組に分かれ、ホーム&アウェイ方式のフルリーグを行う。
組分けはFIFAランキングで算定した順位により、順々に2チームずつを1ポットに分類して進めた。
同じポットに属するチームは同組に編成されない。

日本はイランとともに1ポットに編成され、韓国はオーストラリアと2ポットに属した。

日本あるいはイランと対決する50%の確率で、韓国の相手はイランに決まった。




"中東畑"に1人きりで落ちたベント号、険難な砂嵐と出会う
ニュース1



※一部要約

偶然にも韓国を除く他の4チームはすべて中東国家である。
韓国が最終予選で中東チームとだけ同組に縛られるのは今回が初めてだ。

カタールへの道は容易ではない見通しである。
2010南アフリカワールドカップから4回連続で会うイランは飽き飽きするほどだ。
UAEとイラクも甘く見ることのできないダークホースである。
それぞれ一回ずつ韓国に"ショック"をプレゼントしたシリアとレバノンも気まずい。

遠征距離も負担だ。
AFCは今回のワールドカップ最終予選を既存の方式通りにホーム&アウェイで行うと明かした。
この場合、韓国は4回も遠くの中東遠征に発たなければならないのだが、韓国を除く他の中東国家は韓国遠征に来るとき以外は移動距離が比較的短い。
気候や土壌などの試合環境への適応も韓国ははるかに不利である。

アジアの舞台で重要な瞬間のたびに韓国を苦しめてきた、中東特有の"ベッドサッカー"と"非マナーサッカー"もベント号の悩みだ。

4ヶ国がすべて中東なので、韓国としては毎試合特有の非常識で非紳士的なサッカーにもしっかり対応しなければならない。
客観的な戦力に関係なく、中東遠征では毎回苦戦している代表なので、徹底した対策が必要とみられる。


【関連記事】
韓国メディア:動揺するチームを引き締めたキム・ヨングォン、ベッドサッカーの心配より優先なのは…


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...