パク・ハンソは簡単じゃない…タイ、日・西野監督更迭
スポータルコリア



※一部要約

タイが西野朗監督との同行に終止符を打つ。

タイのシャムスポーツは28日、「西野監督は2018ロシアワールドカップで日本代表を指揮して16強進出を導いた。その後、タイ代表を引き受けたが2022カタールワールドカップアジア地区2次予選で脱落した。そのためタイサッカー協会は西野監督と契約解除することにした」と報じた。

メディアによると西野監督はワールドカップ2次予選が終わった後、アラブ首長国連邦から日本に帰った。
彼はタイに戻らなかった。
タイサッカー協会の首脳部は西野監督と連絡がつかないという。

タイはベトナムのパク・ハンソ症候群に刺激され、韓国のライバルである日本国籍の西野監督を選任した。
時は流れ、ベトナムは史上初のワールドカップ最終予選の快挙を達成したが、敵同士のタイは脱落の苦杯をなめた。
タイでは「もう我々はパク・ハンソのベトナムより下」と嘆いている。
タイの西野プロジェクトは失敗に終わった。


スポンサーリンク
楽天





パク・ハンソとシン・テヨンに押された西野監督、タイ代表更迭迫る
ニュース1



※一部要約

西野監督は2019年7月にタイ代表とタイU-23代表を同時に引き受けてタイサッカーの復興を約束した。

だが西野監督の青雲とは異なり、タイは成績を出せなかった。
特にベトナム代表とベトナムU-23代表を同時に受け持つパク・ハンソベトナム監督と比べて成果が足りなかった。

ベトナムとライバル関係のタイサッカーファンは「西野監督はパク・ハンソ監督と比べてだいぶ遅れている」という意見を出し、タイの国会議員まで出てきて「西野監督が追求するサッカーはパス力の良い日本には合うだろうが、タイサッカーにはまったく役に立たない」と公開的に非難したりもした。

決定打は最近幕を下ろした2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選だった。

タイはベトナムを相手に2回とも0-0で引き分けた。
これまで"ベトナム打倒"を前面に出してベトナム戦必勝を誓っていた西野監督としては堂々とできない成績だった。

それだけではない。
客観的戦力でだいぶリードしていると感じていたシン・テヨン監督のインドネシアとも2-2で引き分けて自尊心をしわくちゃにした。
韓国人指導者との対決で立て続けに無気力な姿を見せたのでなおさら比較された。

結局、タイはアジア地区2次予選G組で2勝3分け3敗に留まって最終予選進出に失敗した。
G組ではUAEとベトナムが最終予選に進出した。

西野監督の立地はさらに狭まった。
シャムスポーツは「タイサッカー協会は早く明確な決定を下さなければならない。西野監督とともにしている間、タイサッカーが何を得たのか確認してみよ」と強く批判した。

日本メディアのフットボールトライブも「西野監督のタイ挑戦は失敗として歴史に残るだろう」と報じた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...