ポルトガルメディア「ポルト-北京、キム・ミンジェ移籍合意に至る」と報道
フットボールリスト



※一部要約

キム・ミンジェがポルト移籍に近づいたという現地報道が出てきた。

ポルトガルメディアの"レコード"は21日、「ポルトが北京と合意に至った。韓国のCBとの個人交渉を始めるだろう」と報じた。

このメディアは先週もキム・ミンジェのポルト移籍説を報じたこともある。
当時、キム・ミンジェがソク・ヒョンジュンに続いてポルト2人目の韓国人選手になり得るとポルトの関心を扱ったが、約一週間でクラブ間の合意完了のニュースを伝えた。

キム・ミンジェは2021年12月に北京との契約が終わる。
自由契約(FA)身分になる前に様々な移籍の可能性が提起されている中で、最近はポルトガルメディアを通じてキム・ミンジェの去就についてのニュースが伝えられている。
1日にはポルトガルの"SICノティシアス"が「ユベントスがキム・ミンジェ獲得に近づいた」という報道とともに、キム・ミンジェがユベントス合流後にサッスオーロにレンタルされるという具体的な内容を伝えたこともある。


スポンサーリンク
楽天





キム・ミンジェ、ポルト移籍近づく…来シーズン合流の可能性↑
ベストイレブン



※一部要約

北京はキム・ミンジェを核心資源として起用したことがあるが、今夏に送らなければ自由契約身分になるので移籍金を回収するため移籍に合意したと見られる。

ボスマンルールによりキム・ミンジェは7月からどのクラブとも自由に事前合意できたが、ポルトは7月が来る前にいち早く北京と移籍交渉を終えた。

ポルトの他にもユベントスがキム・ミンジェに関心を示しているという報道もあった。
2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選を行うために入国していたキム・ミンジェは「関心を持ってくれて感謝する。だが私はまだかなり不足している」と言葉を控えた。

その一方で「ヨーロッパに行きたい気持ちはまだ変わってない。すべての選手はビッグリーグでプレーしたい。冷静に判断してチームを決めるべきだと思う」と語った。

ポルトはキム・ミンジェの慎重なアプローチと合致するクラブだ。
ペペやシャンセル・ムベンバ、ディオゴ・レイテくらいが主戦CBとして出場する中で、ペペは38歳で年齢が高い。
レイテは22歳で経験がさらに必要である。
そのような状況で、全盛期に差し掛かっているキム・ミンジェは十分に主戦競争をすることができるとみられる。


【関連記事】
韓国メディア:キム・ミンジェのユベントス移籍説に中国のサッカーインフルエンサーが言い掛かり
韓国メディア:日本がキム・ミンジェのユベントス移籍説に不安「冨安より先にビッグクラブ?」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...