日メディア、「日代表出身の小林、ソウルイーランドに行く
ベストイレブン



※一部要約

日本代表出身MF小林祐希のソウルイーランド移籍説が提起された。

日本メディアのスポニチはサッカー移籍市場に詳しい関係者の伝言を通じて、今年満29歳のMF小林祐希がソウルイーランドに移籍する可能性が高いと報じた。
小林は2010年に東京ヴェルディでプロデビューした後、ジュビロ磐田で活躍して日本国内でネームバリューを高めてからオランダクラブのSCーレンフェーン、ベルギークラブのワースラント・ベフェレンでプレーした。
2020年からはカタールクラブのアル・ホールでも活躍したことがある。
日本代表では8試合に出場して1ゴールを記録した。

ソウルイーランドの2021シーズンの外国人クォーターにはベネガス、バルビオ、レアンドロら総3人の外国人選手が位置している。
小林はアジアクォーターでチームに入ることができる。
最近の試合結果があまり良くないソウルイーランドにとっては、中盤での創造性を上げるために秀でた技量を持つ小林を獲得しようとしているとみられる。




スポンサーリンク
楽天





[単独] イ・ジェイク、"師匠"チョン・ジョンヨン監督の懐に・・・電撃イーランド行き
スポーツ朝鮮



※一部要約

"U-20ワールドカップ準優勝メンバー"イ・ジェイクがソウルイーランドに合流する。
"師匠"チョン・ジョンヨンソウルイーランド監督と2年ぶりに再会する。

サッカーの移籍市場に詳しい複数の関係者は17日、「イ・ジェイクがイーランド合流を目前にした。大枠での移籍合意は終えた。完全移籍の形態で現在は細部事項を議論しているところ」と耳打ちした。
17日午前にメディカルテストを進めた。

イ・ジェイクは高さとパスを兼ね備えた左利きのCBである。
大韓民国サッカーが期待するDFだ。
年代別代表をあまねく経てきた。
特に2019年のU-20ワールドカップでは主戦CBとして活躍し、大韓民国の準優勝に力を加えた。
A代表でも彼を注意深く見ていた。
パウロ・ベントA代表監督はイ・ジェイクを招集して技量を点検したことがある。

プロでも着実に経験を積んできた。
彼は江原FC(2018~2019年)を経て2019年夏にカタールのアル・ラーヤンに移籍した。
昨夏にはベルギーの名門ロイヤル・アントワープに、1シーズンレンタル後に完全移籍の条件で電撃合流したことがある。

1999年生まれ。
イ・ジェイクは2022年の杭州アジア大会の世代に挙げられる。
ただし、プロデビュー後に同年代の選手と比べて十分なチャンスを掴めなかった。
ベルギーリーグで多くの時間をプレーできなかった。



アントワープとの契約を早期に終えて国内で練習を続けていたイ・ジェイクは、"師匠"のチョン監督が差し伸べた手を握ってKリーグ復帰を控えている。
チョン監督はイ・ジェイクの活用法を誰よりもよく知っている。
イ・ジェイクもやはりチョン監督への信頼が厚い。
2人のシナジーに関心が集まる理由である。

一方、イーランドは昇格に標準を合わせる。
夏の移籍市場で不足しているポジションの補強に努めている。
日本代表出身の攻撃型MF小林祐希の招聘を控えている。
ウインガー、SBも同様に注視している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...