合計1687億ウォン、ソン・フンミン含めた韓国の市場価値ベスト11、日本のベスト11より500億高い
スポーツ朝鮮



※一部要約

韓国サッカー選手の中でポジション別に最も市場価値の高い選手で11人を設けてみると、そのチームの価値は1億2420万ユーロ(約1687億ウォン)と集計された。

ヨーロッパで有名なサッカー市場価値評価サイトのトランスファーマルクトによると、韓国出身選手の中で現在の市場価値ベスト11は4-2-3-1フォーメーションを基準として1トップのファン・ヒチャン、ソン・フンミン-イ・ガンイン-チョン・ウヨン(フライブルク)、守備型MFのクジャチョル-ファン・インボム、4バックのキム・ジンス-キム・ミンジェ-チャン・ヒョンス-キム・テファン、GKのチョ・ヒョヌだ。

ファン・ヒチャンの市場価値は1100万ユーロである。
ソン・フンミンはアジア最高の8500万ユーロ、イ・ガンインは1500万ユーロ、チョン・ウヨンは300万ユーロだ。
ク・ジャチョルは180万ユーロ、ファン・インボムは250万ユーロ。


スポンサーリンク
楽天







守備ラインではヨーロッパのラブコールを受けているキム・ミンジェが200万ユーロ、チャン・ヒョンスが110万ユーロ、キム・テファンが90万ユーロ、キム・ジンスが70万ユーロである。
GKのチョ・ヒョヌは120万ユーロだ。
この最高の11人の市場価値をすべて足せば1億2420万ユーロとなる。

隣人であり永遠のライバル、日本出身の市場価値ベスト11の合計は8740万ユーロ(約1187億ウォン)と集計された。
韓国と同じ4-2-3-1を基準としたときである。

最前方からシントトロイデンの鈴木(350万ユーロ)、サウサンプトンの南野(1200万ユーロ)-フランクフルトの鎌田(1600万ユーロ)-ヘタフェの久保(1500万ユーロ)、ポルトガル・サンタクララの守田(300万ユーロ)-シュツットガルトの遠藤(800万ユーロ)、4バックは川崎の車屋(150万ユーロ)-ボローニャの冨安(2000万ユーロ)-フローニンゲンの板倉(350万ユーロ)-マルセイユの酒井(400万ユーロ)、GKは浦和の西川(90万ユーロ)である。


【関連記事】
韓国メディア:ヨーロッパ5大リーグのアジアベスト11を選んでみると圧倒的な「日本強勢」
韓国メディア:アジアのサッカー代表で身代金最高のチームは?


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...