[速報] 韓日ワールドカップの英雄"劉備"ユ・サンチョル元監督、がん闘病の末に息を引き取る
ソウル経済



※一部要約

2002韓日ワールドカップの英雄であるユ・サンチョル元仁川ユナイテッド監督が、がん闘病の末に7日息を引き取った。

仁川によるとユ元監督はこの日の午後7時頃、ソウルの峨山病院で亡くなった。

ユ元監督は仁川の司令塔だった2019年10月に黄疸の症状で入院し、膵臓がん4期の診断を受けて闘病してきた。

ユ元監督は闘病中もベンチに守り、その年に仁川の2部リーグ降格を防いだ。
「必ず戻ってくる」という約束とともに指揮棒を下ろして闘病に専念してきた。
仁川の練習場や競技場にしばしば姿をあらわし、健康を回復した様子を見せていたので彼の死去は唐突だった。

210607220801541a.jpg


スポンサーリンク
楽天





サッカー協会、故ユ・サンチョル追悼…「あの日の歓声と栄光を永遠に記憶します」
スターニュース

210607221104507.jpg

※一部要約

サッカー協会は7日午後、公式SNSでユ元監督の写真を上げて「あなたとともにしたあの日の歓声と栄光を永遠に記憶します。謹んで故人の冥福を祈ります」という文章とともに追悼した。

公開された写真にはユ元監督の2002ワールドカップ4強神話のときの姿が入っていた。
協会は白黒写真に変えて上げ、"ユ・サンチョル1971-2021"と記した。




ホン・ミョンボ監督が故ユ・サンチョルを哀悼「別れを現実として受け入れなければならないとは…」
ニュース1

210607223506031.jpg

※一部要約

ホン監督は7日、ニュース1との通話で「今日永眠したという消息を聞いてとても心が痛む」として、「別れを現実として受け入れなければならないのが本当に辛い」と苦しんだ。

一緒に代表として長く時間をともにしてきたホン・ミョンボ監督は、後輩の訃報に強い切なさと悲嘆を伝えた。
ホン監督と故人は2002韓日ワールドカップで呼吸を合わせ、歴史的な4強神話を導いた。

210607223506031a.jpg

ホン監督は「最近少し良くなったという話を聞いていたが、こんなことになるとは…」として、「まだ(去るには)若いのに、これが現実というのは到底信じがたい」と哀悼した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...