ゴール狩りを約束したファン・ウィジョ…「2次予選で良い結果を出す」
スポーツ京郷



※一部要約

6月に再開される2022カタールワールドカップアジア地区2次予選に向かうファン・ウィジョ(29・ボルドー)がゴール狩りを約束した。

ファン・ウィジョは31日、坡州トレーニングセンターで行われたアンタクト記者会見で「国内で代表が集まること自体をありがたく思う。代表は大切な場所なのでシーズンが終わってから予め準備していた。FWとしてできるだけゴールを多くキメてチームの勝利に力を加える」と語った。

韓国は北韓の不参加でH組首位(2勝1分け)に上がったが、レバノンと勝ち点が同じなので全勝を狙わなければならない。
2次予選ではA~H組までの各組1位とグループ2位の上位4チームが最終予選に進出する。

そのため代表はハムストリングの負傷で外れたナ・サンホを除く27人の選手が坡州で玉の汗を流している。
ファン・ウィジョはソン・フンミンやファン・ヒチャンらの海外組とともに先週から同場所でコンディションを引き上げていた。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ「できるだけゴールを決めるのが私の役割…オリンピックに呼んでくれればありがたく出る」
ニュース1



※一部要約

ファン・ウィジョはソン・フンミンとともにベント号を代表するFWだ。
翌月に高陽で行われる2次予選でも彼の役割は重大である。

代表は3月に横浜で行われた日本との親善試合でファン・ウィジョ、ファン・ヒチャン、ソン・フンミンらが不在の中0-3で完敗した。

韓日戦を振り返ったファン・ウィジョは「試合を見た」として、「選手も今後のゲームに対する重要性をよくわかっている。重要なのはベント監督が望む方向性にしっかり従うことだ。選手同士がもっとコミュニケーションしなければならない」と答えた。

2019-20シーズンの前にボルドーに入団してヨーロッパの舞台に進出したファン・ウィジョは、今シーズンにキャリアハイを記録した。

ファン・ウィジョはリーグ1で得点共同14位に上がり、彼の活躍のおかげでチーム(12位)も辛うじて降格圏から脱することができた。



今シーズンの活躍を振り返った彼は「個人的に望んでいた目標を達成したが、色んな心残りが大きかった。もう少し上手くやることもあり得たのに…」と語った。

ヨーロッパの舞台で2シーズンをプレーしたファン・ウィジョは成長した。
彼は「ヨーロッパの選手とプレーしてどのように得点し、チャンスを作るのか改善することができた」と振り返った。

ファン・ウィジョはヨーロッパでの活躍を代表でも続けると約束した。

彼は「FWなのでできるだけ得点に気を使わなければならない」として、「ヨーロッパでプレーして最もたくさん発展したのは得点力だ。私の役割は得点を通じてチームを勝たせること。代表でも同じである。FWなのでできるだけゴールを決める」と意志を示した。

同年齢の親しいソン・フンミンとの呼吸への期待感も伝えた。
ファン・ウィジョは「フンミンとは若い頃から呼吸を合わせてきた」として、「互いに上手な点が何で、どういうことを望んでいるのかよくわかっている。練習のときからしっかり合わせたい」と語った。




ワイルドカード候補のファン・ウィジョ「呼ばれたら当然行く」
デイリアン



※一部要約

ファン・ウィジョはベント監督が率いるA代表に選抜されたが、東京オリンピックの強力なワイルドカードの候補に取り上げられていて、それに関する質問が溢れた。

オリンピック出場の意志を尋ねる質問にファン・ウィジョは「当然呼ばれたら行くつもりはある」として、「後輩や韓国のためにプレーするのはありがたいと思うので負担になることはない」と強調した。

だがファン・ウィジョがオリンピックに出るためには所属チームのボルドーの許可が必要だ。
それについてファン・ウィジョは慎重な反応を示した。

彼は合流の可能性について「わからない。まだ話していることは一つもない。私に与えられた役割で最善を尽くそうとしている」として、「現在はA代表の3試合で良い試合をすることだけ考えている。オリンピックはその次だと思う。今は(※A)代表だけに集中する計画」と語った。


【関連記事】
韓国メディア:「1000万ユーロ以上で移籍?」のファン・ウィジョ、仏リーグベスト11FW部門の候補に


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...