Kリーグ2忠南牙山、リョウヘイと契約終了…クラブ刷新案発表
NEWSIS



※一部要約

プロサッカーKリーグ2の忠南牙山が"デート暴力"で論難となったリョウヘイ・ミチブチ(日本)との契約を終了してクラブ刷新案を発表した。

忠南牙山は31日、「社会構成員として社会的責任をまっとうし、その役割を忠実に履行するため経営に適法性・透明性・公益性だけでなく公平性・客観性・倫理性の強化と実現にその価値を置く」と明かした。

続けて「クラブの根本的な体質まで変える方向で、重点して推進課題を選んで具体化していく方針」と付け加えた。

忠南牙山は第一に、日本Jリーグ時代に交際中の女性を暴行してチームから放出されたリョウヘイとの契約を終了した。


スポンサーリンク
楽天





"デート性暴力"論難のKリーグ2選手、結局チームと決別
スポーツワールド



※一部要約

忠南牙山は所属選手のリョウヘイの過去の前歴で論難となった。
リョウヘイは日本Jリーグの活動当時、交際中の女性を暴行してチームから放出された。
問題はリョウヘイのこうした行動が初めてではなかったという点である。
大学卒業直後の2017年頃にも20代の女性を暴行した前歴があることがわかった。

忠南牙山はこの事実を知っても「冬季練習で長く近くで見守ってきたが、大きな問題はないと見た。また、選手もかなり反省している」として獲得した。

だが論難は続いた。
忠南牙山の市民団体は市民の税金で運営される市民クラブが社会的な模範になるどころか、暴行の前歴のある外国人選手を獲得したとして反対のデモを行った。

結局、忠南牙山は契約解除の決定を下した。
クラブオーナーのオ・セヒョン牙山市長は先月、「物議を醸した選手の問題は早く解決し、最終決定権者の代表理事を席から退かせる」という言葉を守った。
今回のリョウヘイとの契約解除でクラブ刷新案まで発表した。

この日に発表された刷新案により、忠南牙山は▲社会的価値が中心の経営倫理体系の確率、▲支出構造の調整による運営革新と事務局の支援力強化、▲選手団と事務局の共生協力制度の定着、▲有機的な協力体系構築の運営と地域密着度の強化などに努めるという構想である。

また、クラブは事務局と選手団の採用時に社会的物議のあった対象者を源泉排除し、採用されたすべての構成員が市民クラブの価値を認識して経営倫理の実践と遵守を確約する誓約制を導入すると約束した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...