FIFA"予選不参加"北韓の試合をすべて無効処理…ベント号H組1位跳躍
ニュース1



※一部要約

北韓が不参加を宣言した2022FIFAワールドカップアジア地区2次予選H組の順位決定方式が発表された。
すでに行われた北韓の試合をすべて無効処理してから計算することにした。

大韓サッカー協会(KFA)は27日、「FIFAが北韓の2次予選不参加に伴う順位決定方式を確定させた」と発表した。

FIFAは北韓が行った試合をすべて無効処理してから順位を決めることにした。
それにより北韓との0-0の引き分けを含めて2勝2分け(勝ち点8)を記録中だった韓国は、2勝1分け(勝ち点7・得失差+10)に変更されてH組1位に上がった。

一方、パウロ・ベント監督が率いる韓国代表は6月5日にトルクメニスタン戦、9日にスリランカ戦、13日にレバノン戦を高陽総合運動場で行う。


スポンサーリンク
楽天





大韓民国、北韓のおかげでH組1位…WC2次予選の順位決定方式確定
エクスポーツニュース



※一部要約

大韓民国は3試合2勝1分けで勝ち点7を得て、同じ結果を得たレバノンと勝ち点で同率になった。
だが得失差でリードして(大韓民国+10/レバノン+4)で大韓民国が1位に上がった。

大韓民国は2019年10月15日に平壌の金日成競技場でH組3次戦を行い、当時0-0の引き分けを記録した。
当時は厳しい遠征で代表は多くの苦労をしたが、この試合は無効処理されて事実上なかった試合となった。




北韓戦の結果無効…韓国、ワールドカップ予選幸運のグループ1位登極
スポータルコリア



※一部要約

H組は北韓を除く4チームの試合結果で順位を決め、最終予選進出の可否を決めることになった。
北韓戦の無効処理で韓国はグループ1位を確保し、最終予選進出で少し有利な状況を得ることになった。

協会は「各組1位の8チームと各組2位の8チーム中4チームが最終予選に進出する」として、「公平性のためH組を除く他組も各組2位チームと5位(最下位)チームの間の試合結果は除く」と伝えた。

順位算定方式は勝ち点-ゴール得失-多得点-フェアプレー点数-抽選の順である。

北韓戦の結果は無効処理されたが、試合結果は公式記録に残す。
FIFA世界ランキングにも反映される。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...