拳骨、ローキック、手踏み…フットサルリーグで最悪の乱闘劇 [映像]
国民日報



※一部要約

フットサルリーグであるFKリーグの試合で相手チームの選手に拳骨やローキックなどをして物議を醸した選手3人が永久除名の懲戒を受ける。

高陽ブルズフットサルクラブと堤川FSは15日、京畿道の坡州NFCでハンファ生命2020/2021FKリーグプレーオフを行った。
試合中ずっと激しく対立した両チームの選手は、試合終了3分前に神経戦を行った。

このとき、堤川FS所属選手のA氏が高陽ブルズ所属選手の下半身を強く蹴った。
相手選手は競技場外に飛んで倒れた。
A氏は反則を認めて退場措置となった。

高陽ブルズの選手は直ちに抗議した。
この過程で堤川FSと高陽ブルズの選手が競技場に群がって相手を荒っぽく押し退けて揉み合いになった。


スポンサーリンク
楽天









堤川FSの選手の1人が蹴られて座り込んだ高陽ブルズの選手を踏んで通り過ぎるなど、スポーツ精神から外れる姿を見せた。
このシーンは中継カメラにそのまま撮られて放送された。

試合後、各種オンラインコミュニティやSNSでは批判の声が高まった。
一部のネチズンは「フットサルがこんなに危険なスポーツだと初めて知った」、「フットサル選手なのか組織暴力なのかわからない」、「非マナープレー」などの反応を見せた。



波紋が広がると選手A氏を含めた提川FS所属選手の3人が、試合翌日の16日に自筆の謝罪文をフェイスブックに載せた。

提川FSの関係者は「不始末なことで高陽ブルズ選手団の方々に身体的、精神的な被害を与えて心より申し訳ない。今回のことでクラブは8番、14番、21番の選手にリーグ選手永久剥奪の懲戒を下し、韓国フットサル連盟の懲戒により措置を取る」という立場を明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...