キム・ハクボム号が6月"韓日戦"の可能性…日メディア「最終調整」
スターニュース



※一部要約

オリンピックサッカー代表の間で"韓日戦"評価試合が6月に行われそうだと日本メディアが伝えた。

日本の"スポニチアネックス"は18日、「6月12日の評価試合の相手に韓国が急浮上している」と日本サッカー協会の関係者を引用して報じた。

このメディアは「6月5日のガーナとの評価試合はすでに確定し、韓国戦も最後の調整中だという」として、「もし韓日戦が実現すれば互いの自尊心をかけた対決になるだろう」と説明した。

続けて「韓日戦は3月にA代表で評価試合(韓国の0-3負け)が繰り広げられたことがある」として、「オリンピック代表は東京オリンピックでトーナメントに並んで進出すれば8強戦で会うこともあり得るので、"前哨戦"の意味もある」と付け加えた。

U-23代表が行った韓日戦は2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会の決勝戦が最後だった。
当時、韓国は延長戦の末にイ・スンウとファン・ヒチャンの連続ゴールにより2-1で勝利、金メダルを獲ったことがある。
U-23代表が行った歴代戦績は16戦7勝4分け5敗で韓国が僅かにリードしている。


スポンサーリンク
楽天





キム・ハクボム号、"潜在的8強相手"日本と評価試合?…日メディア「現在調整中」
エクスポーツニュース



※一部要約

キム・ハクボム監督が率いる大韓民国オリンピック代表はB組に編成されてニュージーランド、ホンジュラス、ルーマニアと同組である。
B組1位とA組2位・B組2位とA組1位が8強で相手をすることになるので、韓日戦が8強で実現する可能性がある。
8強で実現せずに両チームとの4強に進出すれば、3・4位戦か決勝戦で韓日戦が実現することもある。

一方、日本は2試合を行ってから18人の東京オリンピック最終リストを発表する見通しだ。
メディアは「最終リストが発表された後、強豪チームと2回の評価試合を行ってからオリンピックの舞台に出るだろう」と伝えた。

オリンピック代表は初戦のニュージーランド戦が行われる5日前の7月17日に日本へ出国し、史上2回目のメダル狩りに乗り出す。




キム・ハクボム号、東京オリンピック前に日本と評価試合するのか
ニュース1



※一部要約

キム・ハクボム号は31日に最初の招集をした後、6月末に最終エントリー18人を発表する予定である。

一方、大韓サッカー協会の関係者はこのような報道について「まったく議論されてない内容」と反論した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...