金泉尚武、富川と0対0の引き分け…勝ち点1獲得
NEWSIS



※一部要約

金泉尚武が富川とのアウェイ試合に0対0で引き分けて貴重な勝ち点1を獲得した。

9日、金泉尚武プロサッカー団によると、前日午後に富川総合運動場で行われた"ハナワンキューKリーグ2・2021"11Rの富川FCとのアウェイ試合に0-0で引き分けた。

金泉は富川を相手に3-4-3のフォーメーションで試合に臨んだ。

ク・ソンユンがこの日、初の先発出場をして金泉のゴールを担った。

後半追加時間まで金泉の攻撃が続いたが富川のゴールは開かれなかった。

この日の引き分けで勝ち点1を獲得した金泉は15日、金泉総合運動場で"ハナワンキューKリーグ2・2021"12Rの大田ハナシチズンとのホーム試合を行う。


スポンサーリンク
楽天





"金泉デビュー戦無失点"ク・ソンユン、代表GKらしい格別な安定感
ゴールドットコム



※一部要約

ク・ソンユンはkの日の試合で金泉デビュー戦を行った。
3月に入隊したク・ソンユンはチームに合流して2ヶ月余りでグラウンドを踏んだ。
2020年11月17日に行われた韓国とカタールの代表親善試合以降、半年ぶりに行った公式戦でもあった。

軍入隊の関係で久しぶりに試合を行ったが、ク・ソンユンには安定感があった。
前半6分にク・ソンユンはアン・ジェジュンのシュートを防いだ。
守備に当たって屈折したボールだったが方向を上手く読んだ。
前半16分にハン・ジホのシュートを防いだク・ソンユンは、後半28分のクリスランのシュートも好セーブして金泉のゴールを守った。

後半31分にハン・ジホに失点したが、VAR判定の結果、得点が取り消されて無失点を守ることができた。
一方、ク・ソンユンは攻撃の状況で起点の役割を果たした。



ク・ソンユンは金泉で最初の試合を無失点で締めくくり、気持ちよくシーズンを始めた。
ク・ソンユンの無失点はベント号にとっても朗報になる見通しだ。
ベント号は6月に2022カタールワールドカップ2次予選を控えている。
ク・ソンユンが現在の姿を継続すればA代表に再び名前を上げる見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...