"ボルドー破産"ファン・ウィジョ、マルセイユ行きの可能性?…「ベネデット去れば!」
インターフットボール



※一部要約

フランスのジロンダン・ボルドーで絶頂のゴール感覚を見せているファン・ウィジョがオリンピック・マルセイユとリンクされた。

フランス"lephoceen"は28日、「ボルドーが財政的な危機を迎えた。緊急の状況を処理するために選手団の整理は避けられない。様々な選手が売りに出されるとみられる中、マルセイユが関心を持つだけの選手が存在する」と伝えた。

ボルドーは23日、クラブのチャンネルで「コロナ19とメディアプロ(リーグアン中継業者)の撤退でフランスのサッカークラブは大きな財政的打撃を受けた。昨シーズンのリーグ中断による収入減少に続き、再び財政的な困難に直面することになった」と公式発表した。

同時に「クラブの大株主であるキングストリートがこれまで4600万ユーロ(約620億ウォン)ほど支援してきたが、これ以上クラブに財政的な支援をしないと明かした」として、「よって臨時代表を選任した。ボルドー会長はボルドーを裁判所に回付して保護することに決めた」と知らせた。

ボルドーは成績も良くない。
リーグ終了まで4試合を残している状況で10勝6分け18敗(勝ち点36)の16位に位置している。
降格プレーオフ圏の18位ナントとは5点差に過ぎない。
最近5連敗を記録しているだけでなく、13試合で1勝しかおさめられなかった。

そのような状況で"エクソダス"が予想されている。
メディアは「マルセイユが安い移籍金でボルドーの選手を獲得するかもしれない」として、注目の選手にヤシン・アドリやファン・ウィジョらを選んだ。

特にファン・ウィジョについては「ファン・ウィジョは今シーズンにリーグで11ゴールを記録した。マルセイユの最前方FWダリオ・ベネデットが去るなら獲得するかもしれない。ファン・ウィジョは左右のサイドを行き来して興味深い役割を与えられるだろう」と伝えた。


スポンサーリンク
楽天





ファン・ウィジョ「東京オリンピック、監督が(ワイルドカードとして)呼べば行く」、キム・ハクボム監督が拒む理由なし
スポーツ朝鮮

210428103504817.jpg

※一部要約

「監督が呼べばいきます」

韓国サッカーA代表の1トップであるファン・ウィジョが東京オリンピック本戦出場の意志をあらわした。
彼は最近、SBSとのインタビューでキム・ハクボムオリンピック代表監督が自分を選出すれば応じるという意志を示した。
ワイルドカードに選べば太極マークを付けるということだ。

キム・ハクボム監督は2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会のときにファン・ウィジョをワイルドカードに選び、韓国は金メダルを取った。
当時、ファン・ウィジョとともにソン・フンミンとGKチョ・ヒョヌをワイルドカードに選んで大会を成功裏に終えた。
ファン・ウィジョはアジア大会合計9ゴールで得点王も獲った。
当時、ファン・ウィジョの選抜について大会前に批判の声が起きたが(※Jリーグでやってるファン・ウィジョよりヨーロッパでやってるソク・ヒョンジュンを選ぶべきという意見が多かった)、キム監督の判断は結果的に的中した。
このときの金メダルで"国防の義務"を解決した彼はフランスのボルドーに進出し、今シーズンにチームの主戦FWとして位置づけられている。

210428103504817a.jpg

キム・ハクボム監督はファン・ウィジョを現在の韓国サッカー最高のストライカーと評価している。
ファン・ウィジョは背後のスペースに進入する動きが鋭く、シュートのポジションとタイミングが良い。

拒む理由はないように見える。
だがファン・ウィジョが行きたいと言っても、100%選出されるわけではない。
オリンピック大会は所属チームのボルドーが拒否すれば選手の選出は義務ではない。
なので大韓サッカー協会がボルドーを説得する手続きが残っている。

210428103504817b.jpg

オリンピックサッカーの最終エントリーはワイルドカード3人を含めて18人である。
エントリーの幅が狭いだけに、選手の選定はかなり慎重にならざるを得ない。

キム・ハクボム号は3月に国内合宿の練習を実施したことがある。
キム・ハクボム監督はこれまで選手プールに入っている選手の競技力とコンディションを地道にチェックしてきた。
ワイルドカードの3人は25歳以上の選手の中から選ぶことができる。
キム・ハクボム号はこれまで確かな1トップFWがいなくて悩みが深かった。
キム監督はワイルドカードの選定を考慮するとき、兵役済みの可否より最高の競技力を優先するものとみられる。

キム・ハクボム監督は今回のオリンピックの目標を2012年のロンドンオリンピック大会の銅メダル以上にした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...