「バレンシア、モウリーニョ監督と接触」西メディア…イ・ガンインと同じ釜の飯の可能性
OSEN



※一部要約

ジョゼ・モウリーニョ監督がイ・ガンインの師匠になる可能性が提起された。

チームトークは20日、「スペイン・プリメーラリーガのバレンシアがジョゼ・モウリーニョ監督と接触した。モウリーニョ監督はトッテナムから更迭されたが、すぐに現役復帰する可能性が高い」と報じた。

モウリーニョ監督は更迭された後、「私は常にサッカー界にいる。休息は必要ない」と監督生活を続けるという意志を隠さなかった。

スペイン現地メディアは「モウリーニョ監督が1年5ヶ月でトッテナムを去った。トッテナムは今シーズンのヨーロッパリーグとFAカップから脱落した。リーグでの成績もあまり良くない。だがモウリーニョ監督は近いうちに復帰できるものとみられる」として、「バレンシアのクラブオーナーであるピーター・リムがモウリーニョの合流を狙っている。ピーター・リムはモウリーニョ監督がレアル・マドリードを指導していたときから知り合いでよく付き合っているという」と説明した。

もしモウリーニョ監督がバレンシアに合流することになれば、ソン・フンミンに続いてイ・ガンインを指導することになる。
イ・ガンインはグラシア監督の不安定な出場機会付与に不満がいっぱいだ。
バレンシア残留の意志がない。
もしモウリーニョ監督が就任するなら、新たな反転の機会を持つ可能性も十分である。


スポンサーリンク
楽天





「バレンシア、イ・ガンインに失望…トレードされそうだ」(西メディア)
インターフットボール



※一部要約

スペイン"アス"は20日、「バレンシアはウォルバーハンプトン所属の選手であり、現在はウエスカでレンタル生活を過ごしているラファ・ミルに関心がある。バレンシアユース出身のミルはすでに復帰を希望している状態だ。ウォルバーハンプトンは移籍金を望んでいる。だがバレンシアの理事はイ・ガンインをトレード対象に出す可能性が高い」と報じた。

続けて「理由は簡単だ。イ・ガンインが期待ほど成長できなかったからである。また、契約期間が1年しか残っていないため、バレンシアは大型のオファーを期待していない。ウォルバーハンプトンがアジア市場に格別な関心があることも、バレンシアがイ・ガンインを出す理由だ。バレンシアには明確な意志がある。よってイ・ガンインの意志によりウォルバーハンプトン行きが決まるだろう」と伝えた。

イ・ガンインとバレンシアの関係は元に戻せないように見える。
バレンシアが大事に育ててきたイ・ガンインはユースの舞台で卓越した潜在力を見せ、2019FIFA U-20ワールドカップではゴールデンボールまで獲得した。
2018-19シーズンの1軍デビューを皮切りに機会を増やした彼は、昨シーズンには公式戦24試合に出場した。
得点まで記録した。
今シーズンはより多くの機会を受けるとみられた。

出場時間は増えた。
だが交代1位に指定され、競技場を出ることが多かった。
イ・ガンインより技量が優れず、影響力の少ない若手選手が着実に出場しているのと比較された。
最近、深刻な攻撃力の不振に苦しめられている渦中でも、ハビ・グラシア監督はイ・ガンインを徹底的に冷遇した。
3試合連続欠場がそれを証明している。

攻撃展開の部分で確かな存在感を発揮するイ・ガンインにとっては残念でしかない。
再契約が難航する理由だ。
イ・ガンインは来年6月にバレンシアとの契約が満了する。
すでに仲違いしている状況で、バレンシアは移籍金を得るために今夏の売却を計画中である。
イ・ガンインも脱出を望んでいる。
現在ユベントス、リヨン、ASモナコ、ニューカッスル・ユナイテッドなど様々なチームが次の行き先に名前を上げている。
ウォルバーハンプトンもそのうちの一つになった。




「バレンシア、イ・ガンインをウォルバーハンプトンに移籍させる計画」
ゴールドットコム



※一部要約

ウォルバーハンプトンにとってイ・ガンインのカードは魅力的であろうという観点もあった。
特にウォルバーハンプトンは中国人のクラブオーナーを置いている。
"アス"は「ウォルバーハンプトンはアジア市場に関心が高い」として、「イ・ガンインに関して最も具体的な移籍作業となるだろう。イ・ガンインへのオファーは少なくない。フランスリーグから関心を示しているチームが多くある。イ・ガンインの契約は残り1年なので、イ・ガンインがウォルバーハンプトンに行くという意志が今回の移籍作業で重要な要素になる」と付け加えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...