"恐韓症は昔話"中メディア、日代表を仰ぐ「韓国撃破、アジアで優越」
スターニュース



※一部要約

中国サッカーにとって"恐韓症"は今や昔話だ。
中国メディアがアジア最強は日本と認めて羨んだ。

中国のポータルサイト"搜狐"は「日本サッカーがアジアでは優越している」として、「中国と日本はほぼ同時期にプロリーグを発足したが、4倍の格差に広がった」と落胆した。

このメディアは「20年ほど前、中国と日本のプロリーグはほぼ同時に始まった。現在、日本の男子代表は完全な育成システムを構築した。中国は依然として泥沼にはまり込み、選手需給を心配している立場」と嘆いた。

最近の日本A代表の目立つ競技力も讃えた。
「ワールドカップアジア予選で主軸が抜けてもモンゴルを14-0の度を越す点数で制圧した」と感心した。
韓日戦の勝利にも光を当てた。
「日本は韓国を3-0で退けた。韓国は2軍だったが、韓国に衝撃を与えるのに十分だった」と指摘した。

また、移籍専門サイト"トランスファーマルクト"を引用して身代金の圧倒的な差も根拠として提示した。
このメディアは「今回招集された代表リストで日本の総価値は8億3155万ユーロに達した。アジア1位である。中国は1798万ユーロだ。日本の4分の1水準でアジア8位」と説明した。
続けて「このランキングが日本と中国の差を明確に示している」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





女子サッカーオリンピック本戦行きを自ら祝う中国メディア「韓国は"脱落"の言い訳を探してる?」
スポーツ韓国



※一部要約

コリン・ベル監督が率いる女子サッカー代表は13日午後5時、中国の蘇州オリンピックセンタースタジアムで行われた中国との東京オリンピック女子サッカーアジア地区最終予選プレーオフ2次戦に正規時間を2-1で勝利して総合スコア3-3で延長戦に入ったが、延長前半に決勝ゴールを許して総合スコア3-4で敗れた。

8日に韓国で行われたPO1次戦に1-2で敗れて厳しい遠征に来た韓国は、前半だけで2ゴールを決めて奇跡を目前にした。
だが後半に1失点と延長前半に1失点して、目前に迫っていたオリンピック行きのチケットが消えてしまった。

渾身の力を出して戦った韓国だが、手に負えない部分があって焦った。
中国は試合が思い通りにいかないので非マナーのファールを常習し、日本の審判はちゃんと警告を与えずに傍観する態度を見せた。

死力を尽くしてグラウンドを走った韓国だったので、"負けたがよく戦った"という評価が続いた。

中国メディアはそのような内容を皮肉った。
中国メディアの新浪スポーツは「韓国メディアは脱落についての"言い訳"を探している」と言い、韓国チームの闘志を称える韓国記事の一部までキャプチャして載せた。

それとともに「彼らが何と言おうとオリンピックに出場するチームは中国女子代表」と自らを褒め称えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...