ダイバー・オスカー・トリック・K-ドラマ…ソン・フンミンのSNS狙撃する"単語"
ベストイレブン



※一部要約

12日0時30分、トッテナム・ホットスパー・スタジアムで2020-21イングランド・プレミアリーグ31ラウンドのトッテナム・ホットスパー-マンチェスター・ユナイテッド戦が繰り広げられた。
結果は2-1、マンチェスター・ユナイテッドの勝利だった。
先制ゴールはトッテナムのものだった。
前半40分にソン・フンミンがゴールを決めた。
だがその後はすべてマンチェスター・ユナイテッドのポイントだった。

終了のホイッスルが鳴って数時間が過ぎたのに、ソン・フンミンのインスタグラムには世界各地から人が集まり露骨な非難を続けている。
ほとんどはソン・フンミンがファールを誘ったという観点を持つ人々だ。

"詐欺師"という言葉はしばしば見られる。
合わせてソン・フンミンをオスカーやKドラマになぞらえ、俳優と表現するのも茶飯事だ。
"オスカーベストアクター"や"Kドラマの名俳優"という意味である。

試合後にオーレ・グンナー・スールシャールマンチェスター・ユナイテッド監督も判定に不満を提起している状況だ。
これにジョゼ・モウリーニョトッテナム・ホットスパー監督は強く反発した。
その他にも"倒れたソン・フンミンとゴール取り消しの状況"について、現地メディアやセレブの間で甲論乙駁が続いている。


スポンサーリンク
楽天





むしろ日本では慰労…「ソン・フンミンは謝る必要なし、アジアの誇り」
SPOTVニュース



※一部要約

敗北も敗北だが、試合後ソン・フンミンについて口論があった。
マクトミネイのファールの過程で、ソン・フンミンが大袈裟に倒れたという話である。
ロイ・キーンは「驚くべきことだ。これがファールなら我々は全員家に帰らなければならない。本当におかしい。ソン・フンミンのような選手があのように競技場で転がるとは」と語り、リチャーズは「当惑している。これはサッカーじゃない。本当に話にもならない決定」と批判した。

日本現地のファンはソン・フンミンに力を与えた。
"ゲキサカ"などは「ソン・フンミンが涙ぐんでいた」と報じ、「ソン・フンミンは謝る必要がない。アジアで優秀な選手だ。圧倒的な競技力を見せている、「同じアジア人として、サッカー選手として応援する」、「サッカー経験者ならわかるだろうが、簡単な接触でも鼻骨は折れる。わざとのファールの反応じゃない」という反応があった。

もちろん反対側の反応もなくはなかった。
マクトミネイのファールを気に入らない様子だ。
一部のファンは「ソン・フンミンは演技をしている」、「得点を覆すほどの判定じゃない」と主張した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...