全北、クラブSNSで"緑色のペク・スンホ"公開…背番号5
ニュース1



※一部要約

以前として論難が解決されない中で、プロサッカーKリーグ1の全北現代が全北のユニフォームを着た"緑色のペク・スンホ"の姿を公開した。

全北は1日、クラブSNSでペク・スンホ入団の便りを伝え、ユニフォームを着た公式写真をアップロードした。

全北は幼少年時代に水原ユースのメタン中でサッカーを学び、その後水原三星の支援でスペイン・バルセロナに渡って成長した。

その後、Kリーグに戻る過程で水原との合意書を破り、水原ではなく全北の扉を叩いたという点で大きな問題となった。

水原とペク・スンホ側は依然として合意点を見出だせていない状態である。
水原は合意書に違反して全北と契約したペク・スンホに法的対応をするという方針であり、全北にも公式の立場文で遺憾を表した。


スポンサーリンク
楽天





"ペク・スンホ事態"に向けられた他クラブの視線「道義的問題、悪しき先例として残る」
スターニュース



※一部要約

ペク・スンホは水原ユースのメタン中在学時代にFCバルセロナへ留学した。
その過程で水原から3年間で毎年1億ウォンずつ、3億ウォンを支援された。
国内復帰時は水原に入団するという条件がついた。
全北移籍を推進する過程で、この合意内容が無視されたのだ。

移籍推進の過程で一歩遅れて合意書の存在を把握した全北は、「ペク・スンホが水原との問題を先に解決しなければならない」として獲得手続きを中断した。
その後、もつれた問題を解決するために水原とペク・スンホの会合が4回行われた。

意見の相違が縮まらなかった翌日、全北がペク・スンホ獲得を公式発表した。
Kリーグの選手登録締め切り日を2日後に控えた時点だった。

全北はペク・スンホ獲得決定の背景について「選手とクラブ(水原)が円満な合意点を見出だせない点、それにより将来のある選手がグラウンドに出られなくて選手生命が中断されれば、Kリーグにとって良くない先例として残り得るという点を考慮した」と説明した。

翌日、水原は直ちに反発した。
水原は立場文で「水原は韓国サッカーの人材育成という大乗的な次元で幼少年時代から支援してきたのに、合意に違反して全北と契約したペク・スンホ側の決定に深刻な遺憾を表する」として法的対応を予告した。



このような論難を見守るKリーグの他クラブの関係者は、概ねペク・スンホと全北を批判する声を上げている。

Kリーグ1のAクラブの関係者は「内部事情を正確には知らないが、メディアの報道などに基づき全体的に見たとき、水原の主張が正しいと思う。ペク・スンホと全北はどちらも限度を越えた」として、「何よりペク・スンホが道着を破った問題が大きい。これまで水原が支援してきたのをすべて破ったまま全北移籍を推進したのではないか」と指摘した。

この関係者は「司法試験に合格するときまで世話してきたのに、合格したらその女性を捨てて財閥2世と結婚する腹積もり」と喩えて、「すぐにペク・スンホを獲得した全北にも問題があると思う。表面的には人材を腐らせることができずに獲得したと言うが、結局は全北が必要だからペク・スンホを獲得したのではないか」と付け加えた。

Bクラブの関係者はペク・スンホ側の序盤の対応が論難を大きくしたと指摘した。
彼は「もちろんペク・スンホが払うべき金額(14億2000万ウォン)が過度に策定された感はある」としつつも、「発端は結局、ペク・スンホ側の序盤の対応のせいだ。誠意を持って対応していれば、少なくとも違約金を減らすか合意的に調整できただろう。事が段々ともつれたのだろう」と明かした。

また、別のCクラブの関係者は全北の決定に心残りを隠せなかった。
この関係者は「全北がこのように無理をしてまでペク・スンホを連れてきた理由がわからない。ユース出身でもなく、全北と縁もないという。選手が必要な状況でもない」として、「2~3年育てて海外に移籍させようという布石を持っているのかという気が個人的にする。サッカーファンやメディアから叱責を受けながら、あえて連れてきた理由が気になる」と語った。

続けてペク・スンホの論難が、別の"悪しき先例"として残る可能性を憂慮した。
彼は「これからも"我々が受け入れるから、違約金は適当に解決しろ"というやり方の獲得事例がまた出てきかねない。金を持っているクラブなら十分可能性がある」として、「Kリーグにとって良くない先例として残り得るという点を憂慮してペク・スンホを獲得したと言っている全北だが、むしろ自ら悪しき先例を作ったようだ」と強調した。




"リーディングクラブ?"全北、"ペク・スンホ得て、正義失った"
スポーツ朝鮮



※一部要約

一部の非大企業クラブからは「全北がこれまで果敢な投資で優勝チームになったという称賛を受けていて羨ましかったが、今回のペク・スンホの事例だけは投資ではなく"金自慢"をしたように見える。全北でなければ、どのクラブがこうするのか」として、「世界的企業の現代自動車はこのようなやり方で企業活動をしないはずなのに、プロサッカーチームが国内リーグで悪しき先例を残したようで苦々しい」と批判した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...