ベトナムメディア「パク・ハンソ号のGK、キム・ジンヒョンとの競争心配」
MKスポーツ



※一部要約

パク・ハンソ号のGKダン・バン・ラムは今冬進出した日本プロサッカー1部リーグで、新所属チームの主戦守門将キム・ジンヒョンを超えるのは大変だという分析が出てきた。

ベトナムのポータルサイト"ケン14"は25日、自らのスポーツ記事で「キム・ジンヒョンはセレッソ大阪の象徴のような存在だ。ダン・バン・ラムが出場時間を得るのは決して容易なことではない」と心配した。

パク・ハンソ監督は2018東南アジアサッカー連盟(AFF)チャンピオンシップ優勝、2019AFCアジアカップ8強に続き、2022FIFAカタールワールドカップアジア2次予選でもダン・バン・ラムをベトナム代表の主戦GKとして重用してきた。

ダン・バン・ラムは1月30日にセレッソ大阪に入団した。
キム・ジンヒョンは2009年のセレッソ大阪合流以降、歴代最多出場(465試合)や、2019年に1位になるなど3回のJリーグ1最多クリーンシーツ(無失点)TOP5に輝く。

昨シーズンもキム・ジンヒョンはJ1リーグで2番目に多い12試合無失点で健在を誇示した。
"ケン14"は「GKも出場機会が少なければ競技力が低下する。フィールドプレーヤーとは違い、色んな選手を起用することのないポジションでもある。パク・ハンソ監督はかなり心配だろう。ダン・バン・ラムはひたすら最善を尽くすしかない」と見た。

ベトナムは3勝2分けの得失点差+4、勝ち点11でカタールワールドカップアジア2次予選G組1位に上がっている。
残り3試合で勝ち点5さえ取れば史上初の最終予選に自力進出するが、ダン・バン・ラムの実戦感覚が低下すれば断言することはできない。


スポンサーリンク
楽天





パク・ハンソ「ベトナムのサッカー選手は海外でたくさん学ばなければ」
MKスポーツ



※一部要約

パク・ハンソ監督は26日、ベトナム国営メディア"ラオドン(労働新聞)"が報じたインタビューで「海外リーグで活動する機会が与えられた選手が(挑戦を)避けなければ、個人はもちろん代表もたくさん成長するだろう」と語った。

「外国のチームではフィットネス、栄養、心理学など分野別に管理を受けられる」と説明したパク・ハンソ監督は、「ベトナム選手としては(サッカーの実力発展だけでなく)ますます細分化するスポーツ医学の専門性を体験する機会」と海外進出を推奨した。

パク・ハンソ監督は2018年だけでAFC U-23チャンピオンシップ準優勝、ジャカルタ-パレンバンアジア大会4位、東南アジアサッカー連盟(AFF)チャンピオンシップ優勝でベトナムスポーツに長らく残る業績を打ち立てた。

2019年も統一後に初めて東南アジア競技大会(SEAゲーム)男子サッカーの金メダルを取った。
ベトナム政府は2020年8月、パク・ハンソ監督に2級労働勲章を授けた。

パク・ハンソ監督は「外国から獲得オファーが来れば、"私をこんなに認めてくれるんだな"と思わなければならない。コーチ陣と選手の間の戦術的な指示-コミュニケーション、クラブの意思決定機構なども(海外プロチームから)学ぶ点」として挑戦を積極的に勧めた。


【関連記事】
韓国メディア:ベトナム代表ダン・バン・ラムがセレッソ大阪行き、国内ファンにも馴染みのGK…キム・ジンヒョンと競争
セレッソ大阪入団のベトナム代表GKダン・バン・ラム「キム・ジンヒョンと競争するために来た」


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...