大邸FC、Jリーグを経たブラジルMFセルジーニョ獲得
NEWSIS



※一部要約

プロサッカーKリーグの大邸FCは26日、Jリーグで活躍したブラジル国籍のベテランMFセルジーニョを獲得したと明かした。

セルジーニョは2010年にブラジルのサントスFCでデビューしてブラジル、カザフスタンを経てきた。
2017年からは日本で活躍した。
その年に日本J2リーグの松本山雅に移籍したセルジーニョは、4シーズンの間に93試合出場で23ゴール12アシストを記録した。

身長は小さいが足元の技術に優れ、感覚的なパスを基に攻撃を手動する選手という評価である。
また、ドリブル突破の能力や同僚との連携プレーに優れ、守備にも積極的に加担する。

2月はじめに入国して隔離、メディカルテストなどすべての入団手続きを終えたセルジーニョは、この日から練習に合流した。


スポンサーリンク
楽天





大邸FC、新MFセルジーニョ獲得
毎日新聞



※一部要約

セルジーニョは経験豊富なMFで、大邸が追求する素早い攻撃型サッカーに力を加えると期待されている。

速くて有機的なカウンター、豊富な運動量を強みとする大邸は、セルジーニョの獲得で攻撃陣がさらに活発になる見通しだ。

背番号10をつけることになったセルジーニョは「早く競技場で大邸のファンに会いたい。2021年は私と大邸のファンにとって本当に素晴らしい一年になるだろう。大邸の新たな歴史を作る」として、「ブラジル出身の友人(セシーニャ、エドガー)がいるので適応に問題はない。良い呼吸をお見せする」と入団の所感を明かした。



一方、大邸はこの日、熱い応援を繰り広げる応援団のラインナップも確定させた。
大邸は制限的な観客入場の中、大邱銀行パークの雰囲気を引き上げるためにパク・ジョンイル場内アナウンサーやキム・ヒョジンリポーター、チアリーダーチームとの同行を続ける。


【関連記事】
韓国メディア:松本山雅と決別の「ネイマールの友人」セルジーニョが大邸に来る…背番号10の予定


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...