"日本のキム・ミンジェ"冨安、セリエA"唯一"全試合フルタイムの鉄人になった!
スターニュース



※一部要約

日本代表DF冨安健洋が今シーズンのセリエAで唯一、全試合フルタイムを消化した選手になった。

冨安は21日に行われたサッスオーロとの2020~2021シーズン・セリエA23ラウンドに右SBとして先発出場し、フルタイムを消化した。
冨安は今シーズンのセリエA23ラウンドを無交代フルタイム消化の行進を続けた。

イタリアメディアのガゼッタ・デロ・スポルトによると、23ラウンド前まで交代なしでフルタイムを消化していたセンスは、リーグを合わせて冨安とカミル・グリクしかいなかった。
だがグリクが22日のASローマ戦で後半12分に退場し、冨安が唯一のフルタイム消化選手になった。

冨安は今シーズン、ボローニャで中央とサイドを行き来して着実に出場している。
ボローニャも6勝7分け10敗で悪くない12位を守っている。
選手交代カードを5枚まで使えるが、冨安は一度も交代されられたことがない。

冨安は日本のキム・ミンジェという別名を持っている。
年齢も20代初中盤で似ているだけでなく、身体条件も優れている。
両選手とも今後10年間で代表の守備ラインを担うべきDFという評価だ。
大きい身長に優れた走力を持っているという点もやはり似ている。

2018年1月に日本のアビスパ福岡からベルギーのシントトロイデンに移籍した冨安は、着実に試合でプレーしてヨーロッパで経験を積んだ。
2019ね6月にボローニャのユニフォームを着て、いつの間にかチームの主軸DFとしての地位を確立した。


スポンサーリンク
楽天





"南野より上手い"…鎌田、フランクフルトを越えてドイツ最高級選手に
インターフットボール



※一部要約

鎌田大地はあまり知られていないが、ブンデスリーガ最高級の攻撃型MFと評価される選手だ。

フランクフルトはドイツ・ブンデスリーガ22ラウンドで、バイエルン・ミュンヘンに2-1の勝利をおさめた。
この日の勝利でフランクフルトは4位を強固にし、UEFAチャンピオンズリーグ進出に一歩さらに近づいた。

フランクフルトはリーグ11試合無敗を記録していて、当該の期間に9勝2分けを記録中である。
圧倒的な成績で後半期に最も雰囲気の良いチームとして君臨している。

この日の試合では鎌田の活躍が引き立っていた。
鎌田は1ゴール1アシストを記録し、ミュンヘンを撃沈させる先鋒の役割を果たした。
ユネスとともに攻撃で活発な動きを披露した。
鎌田は枠内シュート2回、キーパス3回、競り合い勝利2回、クロス1回、ロングパス4回などを記録し、フランクフルトの攻撃の一助となった。
また、守備ではインターセプト3回、クリア4回なども上げて守備でも献身的な動きを見せた。

このように、鎌田はフランクフルトの主戦で出るたびに良い活躍を繰り広げているところだ。
鎌田の長所は高い戦術活用度である。
サイドと中央のどちらもできるので、相手によって、状況によって変奏ができる。
鎌田は今シーズン、アドルフ・ヒュッター監督の寵愛を受けてリーグ21試合に出場し、3ゴール8アシストを上げているところだ。

南野拓実に比べて広くは知られていないが、鎌田はドイツ内で認められている攻撃型MFである。
鎌田はドイツ"キッカー"がシーズン毎にブンデスリーガのランキングをつける"ランリステ"の攻撃型MF部門にも選ばれた。
フランクフルトの驚くべき上り調子の中心に立っている鎌田の活躍を見守る必要がある。


【関連記事】
プレミア挑戦を夢見る韓国やアジアのDFにマンUのリンデロフがアドバイス
韓国メディア:日本の冨安健洋が世界5大リーグで頭角、セリエA「ボールリカバリー」全体1位
韓国メディア:久保建英?南野拓実?本物はフランクフルトの鎌田大地


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...