"どういう目的?"マンシティに日本人選手が2人も?
MHNスポーツ



※一部要約

ソン・フンミンのように、日本にもヨーロッパで活動している有名選手が多い。

久保建英をはじめとして、岡崎慎司らが最近ヨーロッパで名声を轟かせた選手だった。

ところで、ヨーロッパにはマンチェスター・シティ所属の選手がいた。
"食野亮太郎"選手だ。

食野亮太郎はガンバ大阪で活躍したFWで、ユースから成人チームまで地道に段階を踏んで上がってきた選手である。
彼は2019年8月、マンシティに"唐突に"移籍した。

100万ユーロの移籍金をもたらした彼は、レンタル当初からスコットランド2部リーグのハーツを経て、現在はポルトガル1部リーグの"リオ・アヴェ"にレンタル、レアル・マドリード出身のファビオ・コエントランと同じ釜の飯を食べている。

どのような長期的計画があるのかはわからないが、公式にマンシティですでに2年目を迎えている彼は、現在12試合に出場して3ゴールを得点している。


スポンサーリンク
楽天







一方、マンシティにはもう1人の日本人選手がいる。
"板倉滉"選手だ。

板倉滉選手は守備型MFで、攻撃的な任務より守備的な任務を主に担う選手である。
日本選手としては大きい体格の186センチの長身で、ハイボールの処理を上手にする。

板倉滉選手は川崎フロンターレでデビューした選手で、2019年1月の移籍市場でマンシティに移籍した。

その後、20/21シーズン終了まで"ソク・ヒョンジュン"がプレーしていたFCフローニンゲンでレンタル生活をしている。

現在、フローニンゲンでは昨シーズンの22試合出場に続き、今シーズンには23試合出場で、合わせて45試合出場を記録している。

攻撃より守備の任務を主に担う彼は1ゴールを記録していて、イエローカードを5枚集めている。

マンシティの意中が何なのかを把握することはできないが、アジア人がビッグクラブ所属として活躍しているという事実は肯定的だ。

大韓民国の選手もまた、ソン・フンミン選手とともに世界各地で核心選手として活躍することを期待する。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...