「マルディーニの頭を蹴ったイ・チョンスは悪党、ふてぶてしい」中・日ひっくるめて2002の韓成果を非難
スポータルコリア



※一部要約

アジアワールドカップ予選すら手に負えない中国が、大韓民国の2002韓日ワールドカップの成果を非難した。

日本のサッカーダイジェストは20日、中国・新浪スポーツを引用、「元韓国代表FWの発言が近隣国で少なくない話題を呼び起こしている。コメントのターゲットは2002ワールドカップ4強神話の主役でレアル・ソシエダやフェイエノールト、大宮で活躍したイ・チョンス」と光を当てた。

メディアによると、中国の多くのメディアは現在39歳のレジェンドであるイ・チョンスが韓国のバラエティプログラムに出演し、19年前のシーンを振り返った。
イタリアとの韓日ワールドカップ16強戦でシュートを試みて、パオロ・マルディーニの頭を故意に蹴飛ばしたと明かした。

イ・チョンスのコメントも掲載された。
「イタリアの選手は傲慢だったし、韓国人を軽く見ている感じがした。マルディーニは韓国で言えばホン・ミョンボのような選手だった。全員のキャプテンだ。だがマルディーニだから蹴ったのではない。偶然そこにいた」と打ち明けた。

中国ファンの反応も載せられた。
「ふてぶてしい」、「悪党だ」、「イタリアだけでなく全世界が軽蔑する」と書かれていた。
日本もやはり同腹だった。
中国の発言が痛快だったかのようにメディアは「イタリアの選手とファンはこの発言(中国)にどう思うのか」と疑問を提起した。


スポンサーリンク
楽天





"また反韓感情?古びた"イ・チョンス"所信発言"召喚した日本-中国
スポーツ朝鮮



※一部要約

イ・チョンスの2002年韓日ワールドカップ関連の過去の所信発言が、日本と中国で一歩遅れて浮上している。

これにより当該国のサッカーファンの間で"反韓感情"が広がる雰囲気だ。

日本メディアのサッカーダイジェスト・オンライン版は20日、「イ・チョンス、2002年Wカップでイタリア代表の主将を蹴飛ばしたのは故意だった!衝撃発言に中国で非難"ふてぶてしい悪党"」という刺激的なタイトルで中国発の報道を紹介した。

サッカーダイジェストのこの報道は現在、日本のポータルサイトの"コメントが多いニュース"ランキングの上位に上がっている。

サッカーダイジェストが引用した中国メディアは新浪体育だった。
新浪体育は19日、唐突にイ・チョンスの発言とモレノ主審の判定を召喚し、反韓感情を刺激するような印象を漂わせた。

イ・チョンスの関連発言は最新版ではなく、すでに数年前から出ていたものだ。
韓国サッカーファンの間では当時、"サイダー(※スッキリ、爽快感があるという意味)発言"として通じていたりもした。

イ・チョンスのこのようは告白はこのときが初めてではなかった。
2015年、JTBCの"ニュースルーム"に出演して引退を宣言したときはもちろん、それ以前にもイタリア戦の思い出を紹介して関連の言及をしていた。

だが新浪体育は「2002韓日ワールドカップで韓国は審判の助けられて準決勝に進出した。19年が経ち、ワールドカップが残した言葉の戦争は依然として進行中だ」と前提にしてから、「イ・チョンスが最近バラエティショーでイタリア戦について語り、意図的にマルディーニの頭を蹴ったと言った」と報じた。

それとともに記事に添付した最近のバラエティショーの資料写真は、去年に放送された"集まれば蹴る"の画面をキャプチャーしたものだった。
いわゆる"最新バージョン"ではなく、すでに旬を過ぎた発言を再び引き出してきたのだ。

そこに新浪体育は、韓国が何度もファールをしたのに審判はすべて見過ごし、イタリアの2ゴールも審判のせいで飛ばしてしまったという主張を繰り返した。


【関連記事】
【悲報】イ・チョンス兄さんに激似の長女、母親の整形手術を暴露
11月8日は風雲児イ・チョンス兄さんが引退した日


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...