カタールワールドカップ3月予選も霧散…6月にグループ別で一ヶ所開催
聯合ニュース



※一部要約

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散で中断された2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選は結局3月も開かれず、6月にグループ別で一ヶ所に集まった中で行われることになった。

大韓サッカー協会の関係者は18日、「AFCが3月に行おうとしていたカタールワールドカップアジア2次予選の試合も6月に延期することにした」と明かした。

AFCは我が国を含めた2次予選H組の国の協会代表者と前日に映像会議を開いてこのような決定を伝えた。

210218115013166a.jpg

AFCは16日と17日の両日、2次予選の8組と4組に分けて各国の協会代表者と映像会議をして、今後のワールドカップ予選の日程に関して協議した。

AFCによると8組中2組は3月に予定されている試合を行えるが、韓国が含まれているH組などの残り6組は最初から3月の試合開催が難しく、すべて6月に先送りすることにした。


スポンサーリンク
楽天





ベント号のワールドカップ3月予選また延期…6月に中立国開催
NEWSIS

210218133800422.jpg

※一部要約

協会の関係者は「韓国を含めた多くの国が3月の開催は難しいという反応を見せ、6月にワールドカップ予選が延期された」と説明した。

210218133800422a.jpg

コロナ19の影響で、国によって入国時に最大2週の隔離をしなければならず、この問題を解決するのが容易ではなかった。

また、最近FIFAも選手の安全を理由に所属クラブの選手選出を拒否できる臨時規定を4月末まで延長した。
3月に予選が行われても、海外組の合流は事実上不可能だった。

韓国は3月25日にホームでトルクメニスタンを相手にした後、30日にスリランカ遠征に発つ日程だった。

だがコロナ19事態により3月の予選まで失敗に終わり、6月に残りの日程をすべて消化しなければならなくなった。
ワールドカップ最終予選が9月から始まるので、6月には2次予選を終わらせなければならない。

210218133800422b.jpg

ただし、6月に1チームあたり最大4試合ずつ行わなければならないので、既存のホーム・アンド・アウェイ方式ではなく、グループ別で一国に集まって行う方式を選ぶことにした。

去年、AFCチャンピオンズリーグがカタール・ドーハに集まり、このような方式で大会を終えた。

協会は「我々も開催の可否を検討中」として、「3月5日までAFCが各国の協会から申請を受け、同月15日頃に発表する計画」と説明した。

3月のワールドカップ予選の延期で空くことになったAマッチ期間については「親善試合も隔離の問題で推進は容易じゃない」として、今後の方案を準備する計画だと付け加えた。


【関連記事】
韓国メディア:3月のW杯予選は再開可能?「清浄地帯」トルクメニスタンは訪韓が難しいとAFCに通達


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...