マンシティのタックルで"右足首出血"…ソン・フンミン負傷はしなかった
SPOTVニュース

210214052642483.jpg

※一部要約

トッテナムは14日午前2時30分、英国マンチェスターのエティハド・スタジアムで行われた2020-21シーズン・イングランド・プレミアリーグ24ラウンドでマンチェスター・シティに会った。
9ラウンドではカウンター2回で勝ち点3を手にしたので自信はあった。

ソン・フンミンは左サイドアタッカーとして出場した。
だがマンチェスター・シティは前半期とは違った。
ケビン・デ・ブライネを長期負傷で失ったが、イルカイ・ギュンドアンで空白を埋めた。
ギュンドアンが0トップで躍動的に攻守のバランスを維持した。
序盤から主導権を渡さず、3列目を除いた全員が戦闘的に侵入した。

ソン・フンミンは左サイドから右サイドに移動し、スイッチングプレーをした。
後半も誠実に守備加担したが、カンセロのタックルがソン・フンミンの足首を強打した。
主審が担架を要請したりもした。
負傷が憂慮され得るシーンだった。

ソン・フンミンはパンパンと払ってグラウンドに戻ってきたが、右足首に出血があった。
もしカンセロのタックルが負傷に繋がっていれば、トッテナムは本当にクラっとしていた。
現地のファンはマンチェスター・シティ戦を見た後、「ソン・フンミンとケインがいなければ降格圏に落ちるつもりか」と苦しい競技力に怒った。

210214052642483a.jpg


スポンサーリンク
楽天





足首出血に股抜きまでされて、SON評点4"酷評"…ラメラのほうが高い
SPOTVニュース

210214074007330.jpg

※一部要約

ソン・フンミンは90分間総力を尽くした。
守備的な役割にスプリントまでずっとした。
前半に守備をする途中で"ナツメグ(股抜き)"を許し、後半にはカンセロのタックルで足首の出血まであった。
だが現地ではシュート0本に最低評点を与えた。

90分間最善を尽くしたが、現地の評価は冷ややかだった。
英国"フットボールロンドン"は評点4をつけて「マンチェスター・シティの優勢でボールを持てなかった。選手にとっては本当に残念な夜だった」と評価した。
シュート0本を避けられなかった事情だ。

不安なボールタッチとカウンターでテンポを切ったエリック・ラメラのほうに高い点数を与えた。
メディアは「最近連続で先発出場した。努力はしたがマンチェスターでの夜はラメラのものではなかった」として、ソン・フンミンより高い5点を与えた。




血で染まった靴下…誰がソン・フンミンに石を投げようか?
インターフットボール



※一部要約

マンシティ相手だけで6ゴール1アシストを放ったソン・フンミンは警戒対象1号だった。
前の試合でもソン・フンミンに一撃食らったことのあるマンシティのDFは、今回はソン・フンミンを放っておかなかった。
トッテナムの攻撃がソン・フンミンやハリー・ケインのつま先で終わることをわかっていて、守備の切替時に背後のスペースへ侵入するソン・フンミンを確実に牽制した。

ソン・フンミンのスプリントを防いだのはマンシティの守備陣だけではなかった。
ソン・フンミンは3日前のエバートのとの試合で延長120分の血戦を行った。
その試合でアシストハットトリックを記録して大活躍したが、チームの4-5の敗北を防げなかった。
試合後、疲れたソン・フンミンをジョゼ・モウリーニョ監督が助けるシーンが中継カメラに捉えられたりもした。
いくらソン・フンミンでもタイトな日程で生じた疲労度は克服するのが容易ではなかった。

210214105007365a.jpg

さらにソン・フンミンは後半33分、ジョアン・カンセロの激しいタックルで足首を負傷した。
タックルされた後、ソン・フンミンは深刻な苦痛を訴えてすぐには立ち上がれなかった。
それでもソン・フンミンは簡単な処置を受けて再び競技場を走った。
すでに敗色濃厚な試合だったが、ソン・フンミンは最後まで突破を試みて挽回ゴールを狙ったが、1人では力不足だった。

ソン・フンミンの負傷についてモウリーニョ監督は試合後、「彼は足首を負傷した。傷はスタッドに引っ掻かれたことを意味する。足首に向かったスタッドはカードを受けなければならないことを意味する。もちろん退場までではない。願わくば(彼に)大きな問題がないことを望む」と伝えた。

英国"イブニング・スタンダード"もソン・フンミンに「過去一ヶ月間で見せていた鋭さを失い、休息が必要に見える。ボール所有権を立て続けに失っていて、マンシティをまったく脅かせなかった」とソン・フンミンが疲れていることを認めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...