"不意に失業者"本田、身代金爆弾セール「1ビットコインさえくれればプレーします」
スターニュース



※一部要約

「1ビットコインさえくれればプレーします」

不意に"無所属"になった日本サッカーの伝説・本田圭佑がセルフ広報に乗り出した。
ポルトガルリーグのポルティモネンセと結んだ移籍契約がキャンセルされたためだ。
締切期間を過ぎて判を押したことが明らかとなった。

本田は13日、ポルティモネンセとの契約が破棄されたという内容を自身のSNSで共有し、「1ビットコイン。これだけでプレーする」と上げた。

本田は昨シーズン、ブラジルリーグのボタフォゴFRでプレーしていた。
12月にこのチームとの契約を解除した後、自由契約の身分でポルティモネンセと手を握った。

だがポルトガルリーグでは移籍金なしに自由契約で入団した場合、10月から無所属の身分を維持しないと選手登録ができない。
本田は12月までボタフォゴ所属だったため、今シーズンのポルトガルリーグに登録できない。

本田が急いでブラジルを去ろうとして、規定を几帳面に見てなかったと分析されている。

1ビットコインでプレーするという言葉は、それだけ本田が差し迫った状況だという意味に見える。
フットボールチャンネルは「1ビットコインは約500万円(約5000万ウォン)だ。本田級の選手の年俸なら破格的に安い。実際に契約をビットコインでするかは未知数だが、新たな行き先が気になる」と眺めた。


スポンサーリンク
楽天





再レンタル久保また"0点"、本田は5日で退出・・・日本サッカースター"受難"
マニアタイムズ



※一部要約

日本のサッカースターが受難を経験している。

ヨーロッパなど海外の舞台で活躍している代表的な日本選手の久保建英がまた最低評点(0)を受け、本田圭佑は5日でチームを退出する侮辱を受けた。

先月8日にビジャレアルからヘタフェに再レンタルされた久保は、最近行った実家のレアル・マドリードとの試合で後半に交代選手としてプレーしたが、これといった活躍を繰り広げられなかった。

スペインメディアのマルカは久保に最低点の0点(最大3点)を与えた。

また、別メディアのアスは「久保は実家の競技場で行われた試合であまりに活気がなかった」と酷評した。

久保は昨シーズン、マジョルカで成功的なレンタル生活を送った。
今シーズンはビジャレアルにレンタルされたが、ウナイ・エメリ監督体制で頭角を現せず、先月ヘタフェに再レンタルされた。

現在、リーグ6試合で0ゴールに終わっている。

本田圭佑は期限内に選手登録できず、来ることもできない身分になった。

本田は最近、ポルトガルプリメイラリーガのポルティモネンセに移籍したが、クラブが適時に選手登録を終えられずにリーグ戦の出場すらできなくなった。

これについて英国メディア"ザ サン"は「本田は5日でポルティモネンセとの契約が終わるのを目撃しなければならなかった」と伝えた。

日本メディアもやはり、本田が日本Jリーグに行くのも容易ではないと憂慮を示した。

一方、本田は今夏に自国で行われる東京オリンピックに日本代表でプレーすることを望んでいるという。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...