ACL1次リーグはどこで開かれるのか…開催申請なく跛行危機
スポーツ京郷



※一部要約

今年のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグはどこで開かれるのか。

日本の日刊スポーツは8日、「ACL1次リーグの試合は東地区が4月21日から5月7日まで、西地区が4月14日から30日までそれぞれ1ヶ国に集まって行われる予定だが、現時点で開催地は未定」と報じた。

日刊スポーツによると15日が開催申請の締切日だが、まだAFCに正式な開催意志を明かした国は一つもないという。
昨シーズンのACLはコロナ19でリーグが中断され、東西の地区1次リーグから決勝戦までカタールの1ヶ所で行われた。

日刊スポーツは開催申請を難しくさせる要因の一つに費用の問題を挙げた。

AFCの規定によると、1チームあたり一宿舎を確保しなければならず、部屋も1人一部屋を割り当てなければならない。
さらにコロナ19患者の発生に備え、隔離施設もチームごとに別々に用意しなければならない。
今大会から出場チーム数が32から40に増えたことにより、費用の負担も加重された。
外国選手やファンの入国問題まで考慮すれば、各国サッカー協会の意向だけではできず、政府当局の許可が必要だ。


スポンサーリンク
楽天





ACL跛行危機、4月のグループリーグ開催地申請が東西とも"0ヶ国"
スポータルコリア



※一部要約

"日刊スポーツ"は「オーストラリアはコロナ19を最も成功裏に抑え込んだ国」として、「年末年始にはクリケットの示範試合で多くの観客を集めた。オーストラリアテニスオープンも最大3万人の入場が可能」と、オーストラリアが現実的に選べる開催地だと紹介した。

また、"日刊スポーツ"は「韓国がACL誘致に関心があるという報道もある」と伝えた。
それについて韓国プロサッカー連盟の関係者は「今のところ計画はない」として、「そのような報道がどこから出てきたのか気になる」と聞き返した。




[ナム・ジャンヒョンのフィーバーピッチ] "スポーツハブ"に跳躍したカタール、コロナ19時代が与えたチャンス
スポーツ東亜



※一部要約

韓国のグループリーグ誘致は可能だろうか。
結論から言えば肯定的ではない。
国家的支援と関心が後押しされなければ不可能である。
防疫には保守的なアプローチが必要なうえ、手続きも複雑だ。
文化体育観光部→保健福祉部→総理室の順に報告される事案である。
開催費用も少なくない。

実際、Kリーグも去年11月から12月まで繰り広げられた2020ACL東地区グループリーグの残り試合と16強トーナメントの誘致を真剣に考慮したが、最終的に検討段階で諦めた。
AFCの支援金に比べて自主的な財政負担があまりに大きく、海外入国者らの2週間の隔離免除などの先決条件も厳しくて進展させられなかった。

カタールはドーハ一帯でACLを開催した。
9月の西アジアに続いて11月の東アジアの大会まで行った。
カタール政府とサッカー協会、2022ワールドカップ組織委員会が一肌脱いだ。
費用はやはりものすごかった。
マスクの購入だけで100万ドル(約11億2000万ウォン)を投じたという後聞だ。
3日単位で行われた参加者へのコロナ19検査と、選手団をホテル-練習場-競技場のベルトで縛る"バブル"運営費もまた莫大だった。

それでもカタールが得た所得は少なくない。
特に強力な伝染病がやってきても、安全に国際大会を開催する可能性があることを証明した。
この前はテニスイベントのオーストラリアオープンの男子予選を行い、今はアジア代表として蔚山が出場中のFIFAクラブワールドカップを無難に行っている。
2022カタールワールドカップの成功開催について、自信が天を衝くよりほかはない。

宣伝効果も大きい。
全世界のスポーツが停滞しているときでも、揺れることなく"地球村スポーツハブ"と位置づけられ、中東の王政国家特有の閉鎖的な印象を完全に消した。
今シーズンのACLでもカタールはAFCが信じる最後の砦だ。
カタールの華麗な変身が際立って目立つ今日この頃である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...