南野のサウサンプトンデビューゴールに興奮した日本メディア「列島が揺れた」
OSEN



※一部要約

南野拓実のデビューゴールに日本メディアが大いに興奮した。

サウサンプトンは7日、ニューカッスルのセント・ジェームズ・パークで行われたニューカッスル・ユナイテッドとの2020-2021プレミアリーグ23ラウンドのアウェイ試合に2-3で敗れた。
サウサンプトンは8勝5分け9敗で12位に留まった。
ニューカッスルは7勝4分け12敗で16位だ。

サウサンプトンにレンタル移籍した南野はデビューゴールを放った。
彼は前半30分に左足シュートでデビューゴールを決めた。

試合後、"スポーツ報知"は「南野がサウサンプトンデビュー戦で豪快なゴールを放った。南野は監督の期待に結果で応えた。南野はリバプールで目立った活躍がなかった。彼はサウサンプトンデビュー戦でゴールという結果により肯定的な返答をした。チームを勝利に導けなかったが、最上のデビュー戦だった」と評した。

"サッカーダイジェスト"は「南野のデビューゴールに日本列島が揺れた。動きにまったく無駄のない完璧なゴールだった。海外メディアも南野のゴールに賛辞を送っている」と紹介した。


スポンサーリンク
楽天





南野ゴールに続いて岡崎レアル戦アシストまで…日メディアは興奮
スポータルコリア



※一部要約

今週末だけで日本のヨーロッパ組が大活躍して足跡を残している。

南野拓実がニューカッスル・ユナイテッド遠征で得点し、サウサンプトンデビュー戦を申告した。
チームは2-3で敗れたが、リバプール時代の不振を振り払う土台を用意した点で意味がある。

それで終わりではない。
現在、スペイン・プリメーラリーガ最下位のウエスカでプレーする岡崎慎司も加勢した。

岡崎はレアル・マドリードとのリーグホーム試合で先制ゴールをアシストした。
だがラファエル・ヴァランに連続失点して敗北とともに握りしめていた勝利を逃したが、強豪レアルを揺さぶるだけの強烈な印象を残した。

日本のヨーロッパ組の相次ぐ不振に沈んでいた日本サッカー界も表情が明るくなっている。
日本のポータルサイト"ヤフージャパン"のサッカー欄が、両選手のニュースでぎっしり埋まっているほどだ。

一方、久保建英はセビージャ戦に先発出場したが、印象的な活躍を繰り広げられなかった。
また、同僚の退場で後半14分に交代させられ、結局0-3の敗北を防げなかった。
久保はヘタフェで着実に出場しているが、ビジャレアル時代と変わらない活躍に危機説が出回っている。




"冬を熱くさせた"久保、1月の移籍市場ベスト11に入る…南野除外
スポータルコリア



※一部要約

2021年1月冬の移籍市場は、コロナ事態で閉じられた財布のせいで大型移籍はなかった。
その中でも久保建英の存在感は光った。

一ヶ月間続いた2021年1月の冬の移籍市場は1日に終わった。
冬の移籍市場の期間は短く、シーズン中盤なので大型契約は夏より少ないが、1年前のブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)のような大型移籍はなかった。

1年以上、全世界を強打したコロナ19ウイルスが問題だった。
コロナにより無観客試合がずっと続いている。
選手獲得に使う金は少なくなるしかない。
縮んだ暮らし向きに既存の選手を守ろうとするチームの意思も反映された。

それでも戦力補強をしようとする各チームの動きは慌ただしかった。
大型移籍の代わりに最重要選手のレンタル移籍が活発だった。



ヨーロッパサッカー統計メディア"トランスファーマルクト"は、1月の冬の移籍市場で価値の高い選手を中心にベスト11を設けた。

久保も入った。
彼はビジャレアルで立地が狭まったが、ヘタフェにレンタル移籍してからずっと先発出場して地位を固めつつある。
レアル・マドリードで再び無視されたマルティン・ウーデゴールも名前を上げた。
リバプールが急に獲得したシャルケ04のDFオザン・カバクも肩を並べた。

だが久保と同じくサウサンプトンにレンタルされた南野拓実は除外された。
代わりにニューカッスル・ユナイテッドとのデビュー戦で得点し、自身の価値を証明した。


【関連記事】
韓国メディア:「リバプール見てるか」南野拓実がサウサンプトンデビュー戦で初ゴール…3試合連続の攻撃P行進


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...