ポルトガルメディア、イ・スンウのポルティモネンセレンタル移籍を一斉報道
ベストイレブン



※一部要約

多くのポルトガルメディアが一斉にイ・スンウのポルティモネンセレンタル移籍のニュースを伝えた。

<レコルド>は2日午前、ポルトガルクラブのポルティモネンセがイ・スンウのレンタル獲得により戦力を強化したと伝えた。

また、別のポルトガルメディア<ア・ボラ>は、パウロ・セルジオポルティモネンセ監督の要請で移籍市場の締め切り直前に韓国代表出身FWイ・スンウを獲得したと伝え、<シンク・ノティシアス>はポルティモネンセが2020-2021シーズン末までイ・スンウをレンタルで獲得し、今後の活躍によって完全移籍のオプションを行使できると説明した。

ポルティモネンセはアジア出身選手を多く起用するポルトガルのクラブとしてファンに知られている。
安西幸輝や中村航輔ら日本選手がプレーしていて、イランの有望株ジャファル・サルマニもやはりこのチームでプレーしている。


スポンサーリンク
楽天





"Kリーグ復帰説"イ・スンウ、"アジア通"ポルトガル・ポルティモネンセにレンタル移籍有力
OSEN



※一部要約

トルコ・シュペルリグのギョズテペレンタル移籍説をはじめとして、イスラエルのマッカビ・テルアビブをリンクされていた。
また、国内復帰説も続けて提起された。

実際、Kリーグの名門クラブがイ・スンウ獲得を念頭に置いているという。
だが移籍市場の締め切りを前に、ヨーロッパのポルトガルからラブコールの便りが聞こえてきた。

ポルティモネンセは今シーズンのプリメイラリーガの16試合で4勝3分け9敗の16位(※14位の間違い)に留まっている。
降格圏の16位ボア・ヴィスタとの差はあまりなく、冬の移籍市場で戦力補強が切実だった状況である。

先立ってポルティモネンセは、アジア国籍の選手を積極的に獲得するポルトガルクラブとして知られていた。
中島翔哉-権田修一-安西幸輝ら日本選手が大挙プレーした。

ポルティモネンセはマレーシア選手のサファウィ・ラシドもレンタルで獲得したことがある。
そのようなアジア通クラブのレーダーがイ・スンウに向けられた。

レコードは「イ・スンウはバルサユース、成人の舞台ではエラス・ヴェローナ-シントトロイデンでプレーした。ポルティモネンセはゴンサロ・プラタのレンタルが失敗に終わり、イ・スンウ獲得を推進した」と説明した。

このメディアは「ポルティモネンセはイ・スンウのレンタルで足元の火を消すだろう。短期レンタルで6ヶ月後にポルティモネンセを去ることになるだろう」と展望した。


【関連記事】
韓国メディア:シントトロイデンのイ・スンウ、Kリーグ行き有力…2、3クラブと本格交渉


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...