[単独] カン・スイル光州入団不発、入団テスト一週間で終了
スポーツ朝鮮



※一部要約

光州FC入団を推進していたカン・スイルが、22日にキャンプを去ったことが確認された。

光州の関係者は24日、「カン・スイルの入団テストの日程が22日付で終わった」と明かした。
これで今冬の光州入団はひとまず不発となった。

カン・スイルは16日に光州の南海キャンプに合流し、入団テストを受けていた。

過去にドーピングと飲酒運転で論難を起こしたカン・スイルのKリーグクラブ入団テストの消息に、大衆は大きな関心を示した。


スポンサーリンク
楽天





コーチ陣は初練習を終えた後、"技量は悪くない"という評価を下した。

クラブは今月29日まで南海1次キャンプの日程をすべて終えた後、カン・スイル入団の可否を決める計画だった。

だが一週間でテストを終了した。
選手側が世論に負担を感じたのだという。

光州のキャンプ合流前から様々なクラブが関心を示していただけに、新たなクラブの門を叩く可能性は残っている。

一方、カン・スイルは2007年に仁川ユナイテッドでプロデビューして屈曲したキャリアを踏んできた。

代表に抜擢されるなどの株価を上げていた2015年6月にドーピング論難に覆われ、同年8月に飲酒運転が摘発された。

当時の所属チームだった済州ユナイテッドはカン・スイルを任意脱退にした。

これで5年余りの間、日本2部のザスパクサツ群馬やタイのラーチャブリーなどでプレーした。

ずっとKリーグ復帰の機会を伺っていたカン・スイルに、今年はじめに機会が訪れた。
済州が任意脱退を撤回した。
続けて相互合意の下で契約を解除してFA資格を得ていた。


【関連記事】
韓国メディア:飲酒運転で退出のカン・スイル、5年ぶりに任意脱退解除…国内復帰を打診したが果たして?
韓国メディア:任意脱退解除のカン・スイルが光州で入団テスト… #Kリーグ 復帰?



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...