スペイン2部4チーム、プレーできないイ・スンウに関心…イスラエルチームも注目
ニュース1



※一部要約

ベルギー1部のシントトロイデンでなかなかプレーできずにいるイ・スンウが、スペイン・セグンダ・ディビシオン(2部リーグ)の4チームから注目を集めている。

スペインメディアのスポルトは23日、「過去バルセロナユース時代に有望選手として挙げられていたイ・スンウに、スペイン2部リーグのスポルティング・ヒホン、アルバセテ、テネリフェ、ラス・パルマスが関心を示している」と報じた。

続けて「イスラエル1部リーグの首位マッカビ・ハイファと2位のマッカビ・テルアビブもイ・スンウに注目している」と付け加えた。

シントトロイデンは最近、イ・スンウのトルコ・ギョズテペへのレンタル移籍を推進した。
だがイ・スンウがトルコ舞台移籍に反対し、スペイン舞台で挑戦を続ける計画だという。


スポンサーリンク
楽天





"3年ぶりにスペイン復帰?"…イ・スンウ、2部4チームの関心を受けている
インターフットボール



※一部要約

イ・スンウはバルセロナユースで嘱望される有望株だった。
優れた潜在力を見せて期待を集めたが、FIFAの懲戒によりしばらくグラウンドを踏めなかった。
その間にイ・スンウの空席は他の選手が埋め、彼は移籍を断行した。
2017年にイタリアのエラス・ヴェローナに巣を作ったが、デビューシーズンにセリエA14試合1ゴールという記録だけを残した。
チームは降格してセリエBになった。

イ・スンウはチームに残って主戦争いを繰り広げた。
プレーオフを含めて26試合で1ゴール3アシストを記録した。
ヴェローナは奇跡的にセリエAに昇格したが、イ・スンウは他チーム移籍を企図した。
次の行き先はベルギーのシントトロイデンだった。
だが出場機会をまたも掴めなかった。
昨シーズンは4試合しかプレーせず、今シーズンは13試合に出たが出場時間はかなり不十分である。
1試合あたりの出場時間が50分にも満たない状況だ。

スペイン"スポルト"は「イ・スンウはバルセロナユース時代にカルレス・アレニャとともに最も有望な選手とされたFWだ。だが挑戦のためにスペインを去り、イタリアとベルギーを経た。もうスペイン復帰が目前となった。現在スペイン2部リーグのスポルティング・ヒホン、アルバセテ、テネリフェ、ラス・パルマスが彼に関心を送っている」と伝えた。

続けて「コリアンメッシのイ・スンウにはイスラエルクラブも関心がある。現在イスラエルリーグ1・2位のマッカビ・ハイファとマッカビ・テルアビブが該当する。もしテルアビブに行くならUEFAヨーロッパリーグに出る可能性もある。テルアビブはUEL32強でシャフタール・ドネツクを相手にする。イ・スンウは自分がさらに成長できそうなクラブに移籍するだろう」と付け加えた。


【関連記事】
韓国メディア:ベルギー現地がイ・スンウを酷評…だが「バルサ時代の自慢ばかり」という悪意報道は事実じゃない
韓国メディア:シントトロイデンのイ・スンウ、日本の鈴木優磨に押されて戦力外の境遇…「行き違った悲喜」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...