久保"シュート3本"に日興奮「ヘタフェのチーム内最多記録を出した」
スターニュース



※一部要約

久保建英がヘタフェ移籍後の2試合目で先発出場した。
同時に日本も浮き立った。
「チーム内最多記録を作った」と興奮した。

日本のフットボールゾーンは21日、「ヘタフェに移籍した久保がウエスカとの試合でインパクトを残した。前半にチーム内で最多のシュートとキーパスを記録した」と伝えた。

久保は21日に行われたウエスカとの2020~2021スペイン・ラ・リーガ19ラウンドの試合に先発出場して81分を消化した。
攻撃ポイントはなかった。

この日、2試合目で先発した。
監督からチャンスを貰っている様子。
サッカー統計業者のオプタによると、久保は前半だけで3本のシュートと2本のキーパスを記録した。
チーム内最多記録だ。
このように遵守した活躍を繰り広げ、試合もヘタフェが1-0で勝利した。

可視的な成果物がないにもかかわらず、日本メディアは興奮している。
フットボールゾーンは「久保は超然のエルチェ戦でまともにチーム練習もできないまま試合に出場して2ゴールに関与した。今回のウエスカ戦では初めて先発出場して最多記録を作り出した」と好評を残した。


スポンサーリンク
楽天





イ・ガンインいじめ主導者の味方、「久保、決定を理解する」なぜ?
スターニュース



※一部要約

ダニ・パレホが久保建英の移籍に共感した。

パレホは20日、スペインのラジオ放送カデナセールとのインタビューで「久保の決定を理解する。彼はビジャレアルで不満げな態度を見せたり、文句を言ったりしたことがない。私もやはりそのように行動していただろう」と語った。

久保の行動というのは移籍を言っている。
レアル・マドリードからマジョルカにレンタルで行った久保は、再びレンタル生活をしなければならなかった。
今度はビジャレアルだった。
だがビジャレアル生活はマジョルカと違った。

ウナイ・エメリ監督の信頼を受けられなかった。
カップ大会を含めて19試合1ゴール3アシストと振るわなかった。
ラ・リーガでは2試合の先発に終わった。
彼が消化した時間は291分に過ぎなかった。



結局、久保はチームを去ることに決めた。
自分に手を差し伸べたヘタフェに移籍した。
そして入団後の最初の試合だった12日のエルチェ戦で、2ゴールに関与してチームの3-1勝利を牽引した。

パレホは日本メディアの圧力も久保が移籍する背景になったと語った。
彼は「久保は特別なケースの日本選手だった。日本に多くのファンを持っていて、すべてのゲームで良いプレーを披露しなければならない日本メディアのプレッシャーもあっただろう。敏感な状況だったとみられる」と自分の考えを明かした。

一方、パレホは昨夏バレンシアを去ってビジャレアルに移籍し、久保と同じ釜の飯を食べていた。
彼はバレンシアにいたとき、イ・ガンインへのいじめを主導したという疑惑を受けていた選手だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...