"太陽の息子"大邸にカムバック、イ・グノ1年レンタル移籍
ノーカットニュース



※一部要約

イ・グノが大邸FCのユニフォームを着る。

大邸は19日、「蔚山現代のFWイ・グノをレンタルで獲得し、攻撃ラインに重量感を加えた。イ・グノのレンタル期間は1年」と伝えた。

2004年に仁川ユナイテッドでデビューしたイ・グノは、2007年から2年間大邸でプレーした経験がある。
大邸で59試合23ゴール9アシストを記録し、2年連続でKリーグベスト11に選ばれるなど株価を上げた。
代表に抜擢された時点でもあった。

"太陽の息子"という愛称も大邸のエンブレムの太陽から出てきた。


スポンサーリンク
楽天





"太陽の息子"イ・グノ13年ぶりに大邸FC復帰
毎日新聞



※一部要約

その後、イ・グノはJリーグのジュビロ磐田とガンバ大阪に入団して海外進出し、Kリーグに復帰してから尚州尚武(軍服務)、エル・ジャイシュ(カタール)、全北、済州、江原などを経て活躍した。
2018年に蔚山に巣を移して3シーズンプレーし、チームのAFCチャンピオンズリーグ優勝などで一助となった。

イ・グノはKリーグ通算297試合で73ゴール52アシスト、代表としてAマッチに出場して84試合で19ゴールを記録した。

大邸FCは「豊富な運動量と速いスピード、連携プレー能力を基に様々な攻撃オプションを消化でき、経験から来る判断力まで備えている」として、「イ・グノの獲得はKリーグをはじめとして、AFCチャンピオンズリーグでも好成績を狙う大邸の大きな力になるとみられる」と展望した。




[オフィシャル] "レジェンド"イ・グノ、大邸FC電撃復帰
スターニュース



※一部要約

13年ぶりに再び大邸のユニフォームを着ることになったイ・グノは「大邸は私にとって第2の故郷だ。ここでの活躍を通じて私はこのポジションまで来たと思っている。再び大邸に帰ってきただけに、私が貰った機会と愛を大邸のファンと市民の皆さんにお返ししたい。長い歳月が流れ、大邸のユニフォームを着て再びファンの皆さんの前に立つことになって感慨深い」と所感を伝えた。

続けて「リーグ上位圏の維持だけでなく、ACLプレーオフなどチームにとって重要な1年だと思う。グラウンドで最善を尽くすので、今シーズンに大きな関心と愛をお願いする」と覚悟を明かした。


【関連記事】
韓国メディア:「蔚山の闘魂レジェンド」イ・グノ、大邸FCにレンタル移籍有力



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...