独メディア、"沈黙"ファン・ヒチャンに酷評…「移籍生の中で最も失望した」
スポータルコリア



※一部要約

ドイツメディアが今シーズンのRBライプツィヒの攻撃陣に失望感をあらわし、ファン・ヒチャンに酷評を下した。

ドイツメディア"ビルト"は14日、「今シーズンの夏にライプツィヒに移籍した選手はすべて失望の姿を見せている。30試合で2ゴールに終わっている。本当に酷い」と伝えた。

ライプツィヒは10日午前2時30分にレッドブル・アリーナで行われたブンデスリーガ15ラウンドで、ボルシア・ドルトムントに1-3で敗北した。
ライプツィヒはアレクサンデル・セルロートが挽回ゴールを炸裂させたが、アーリング・ハートランドとジェイドン・サンチョに失点して跪いた。

当時、ファン・ヒチャンは後半25分頃に交代投入さrてグラウンドを走ったが、これといった姿を見せられなかった。

そのため"ビルト"はライプツィヒのFWに酷評を下した。
このメディアは「セルロートが試合後にハートランドと長く話していた。ハートランドは10試合で12ゴールを記録したが、セルロートは1ゴールまでに何と13試合必要だった」と言及した。

続けてファン・ヒチャンについて「新たにライプツィヒに移籍してきた選手の中で最も失望した。試合に上手く溶け込めず、3本の枠内シュートと6回のボールタッチがすべて」と酷評した。
コロナ19確診の余波もあったが、"ビルト"はファン・ヒチャンの未来が暗いと判断した。

その他にもジャスティン・クライファートには「バイエルン・ミュンヘン戦で得点を炸裂させたが、ライプツィヒに残りたければ目につく活躍を見せなければならない」と評価した。


スポンサーリンク
楽天





"ファン・ヒチャンの立地さらに狭まるのか"…ライプツィヒ、アーセナル特級有望株の獲得迫る
インターフットボール



※一部要約

ファン・ヒチャンの不振はコロナと関連がある。
ファン・ヒチャンは去年11月のAマッチで確診判定を受け、困難な回復期間を体験した。
ナーゲルスマン監督は「ファン・ヒチャンは比較的長くコロナ19を体験した。ファン・ヒチャンからは色んな症状があらわれた。ファン・ヒチャンと話をしたが、"7日間ほぼ死んだみたいに過ごした"と言っていた」と伝えた。
このように、コロナ19はファン・ヒチャンのコンディションに大きな影響を与えたと判断される。

だが現地の評価は現実的で冷酷だった。
ドイツ"ビルト"はライプツィヒの新人攻撃陣を評価し、ファン・ヒチャンに言及した。
当該メディアは「ファン・ヒチャンは最も失望した選手だ。試合に上手く溶け込めずにいる」と主張した。
このようにライプツィヒは攻撃陣の不振によりブンデスリーガ15試合で25得点しか記録しておらず、チーム最多得点8位に留まっているところだ。



そのためライプツィヒは攻撃の補強を推進している。
英国"フットボールインサイダー"は「アーセナルの特級有望株フォラリン・バログンがライプツィヒに合流する予定だ。バログンは今年6月にアーセナルとの契約が満了する。ライプツィヒは数多くのクラブと争った末にバログンを手に入れた。ライプツィヒはバログンに長期契約をオファーしたという」と独占報道した。

バログンはアーセナルユース最高の有望株で、U-23の舞台で81試合54ゴール14アシストを決めた。
UEFAヨーロッパリーグでも得点を記録したことがある。
だが安定したチャンスを掴めないアーセナルとの再契約を先延ばしし、結局自由契約身分(FA)で去ることが有力だった。
バログンまでライプツィヒの攻撃陣に追加されれば、ファン・ヒチャンの立地はさらに狭まると推測される。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...