バレンシア、コロナ19の余波でイ・ガンインの再契約オファー修正
ゴールドットコム

210115060949013.jpg

※一部要約

バレンシアが、契約期間が残り約1年6ヶ月の新鋭イ・ガンインとの再契約で困難を経験する別の理由が公開された。

まずイ・ガンインがバレンシアとの再契約を敬遠する最大の理由はクラブの不安定な状況、そして自分に与えられる出場機会が安定していないためである。

だがこれまで伝えられてきたように、バレンシアが今シーズンの序盤からイ・ガンインに破格的な再契約条件を提示したというメディアの報道は、事実ではないという点が明らかとなった。

"マルカ"のフェルナンド・アルバレス記者は「バレンシアはクラブの財施状況でコロナ19の余波により危機に直面した」として、「そのためアニル・ムルティバレンシア会長はイ・ガンインに削減された再契約条件を提示した」と報じた。
彼は「バレンシアは8月の選手の週給も、金融機関から急いで貸付を受けて解決しなければならなかったという点を覚えておく必要がある」と付け加えた。


スポンサーリンク
楽天





「イ・ガンインはアジア市場の代表、バレンシアは価値を忘れるな」(西メディア)
インターフットボール

210115061611419.jpg

※一部要約

スペイン現地メディアがイ・ガンインの価値を認め、バレンシアにアドバイスした。

依然としてバレンシアとの再契約のニュースは出ていない。
イ・ガンインとバレンシアの契約は2022年6月に終了する。
イ・ガンインはこれまでマンチェスター・シティをはじめとして他のスペインクラブと継続的にリンクされてきた。
出場時間の不足が主な理由であり、バレンシアの内部状況に対するイ・ガンイン側の不満も移籍説が発生した原因だった。

スペイン"マルカ"は「イ・ガンインはマンシティに去ったフェラン・トーレスのように移籍する可能性が高い。イ・ガンイン側はバレンシアに感謝している。幼い頃からチャンスを与えて成長させたからだ。だが優先順位は再契約ではない。冬の移籍市場でいくつかのオファーを受けたが、移籍の動きを見せなかった。彼のバイアウトは8000万ユーロ(約1066億ウォン)だ」と伝えた。

続けて「バレンシアはイ・ガンインの価値を忘れてはならない。韓国企業のLGがラ・リーガと契約を結んだのも、イ・ガンインがアジア市場を代表しているのを示す事例である。まだ先発ラインナップに安定して名前を上げられずにいるが、イ・ガンインは着実に自分の能力を見せてきた」と付け加えた。




ユベントス or マンシティ…イ・ガンイン、"選んで行く楽しみ"享受するか
スポーツワールド

210115204304395.jpg

※一部要約

決別が確実視されている。
すでに移籍市場が開かれるたび、再契約をすべき時点のたびに膨らんだ移籍説が、今回は現実化される可能性が高い。
"マルカ"は「バレンシアはユース出身のイ・ガンインを引き止めるため、交渉を推進中だ。だがイ・ガンインは安定した試合出場のために再契約をしない」として、「バレンシアもイ・ガンインの移籍金を貰うためには来夏に移籍させるだろう」と説明した。

もう選択はイ・ガンインの役目だ。
イタリア・セリエAのユベントスはもちろん、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティなど、ヨーロッパ最強チームがイ・ガンインを望んでいる。
契約満了も近づくだけに、より積極的に求愛を展開する見通しだ。
アジア市場でのマーケティング効果まで期待できる。
理解し難い選択でベンチだけ座ってきた過去数年、刀の柄はもうイ・ガンインが握っている。
迫る移籍市場でイ・ガンインは"選んで食べる楽しみ"を享受する見通しだ。




西メディア、「イ・ガンイン、バレンシアの頭痛…活躍も印象的ではない」
インターフットボール



※一部要約

スペイン"TodoFichajes"は「イ・ガンインがバレンシアの新たな頭痛だ。イ・ガンインが再契約をしないなら、バレンシアは移籍金を策定しなければならない。現在のイ・ガンインは8000万ユーロのバイアウトを持っていて、移籍しなければならないのであればバレンシアは高い移籍金を要求すれば良かった」と報じた。

最近、3部リーグチームのイェクラーノ・デポルティーボ戦で先発出場して先制ゴールを記録し、続くバリャドリード遠征でも先発リストに名前を上げた。
だがバリャドリード戦では大活躍はできず、評点6.3を受けてチーム内で最低の点数を記録した。

このメディアは「イ・ガンインの業績はあまり印象的ではない。チャンスを多く貰えなかったのも事実だが、出るたびにあまり決定的な役割ができなかった。今シーズンは15試合に出て1ゴール3アシストを記録中である。バレンシアはどうやってこのような複雑な状況を解決するのだろう?と付け加えた。

イ・ガンインの契約期間は2022年6月までで、現在1年6ヶ月ほど契約が残っている。
だが今冬の移籍市場と夏の移籍市場で移籍してこそ、バレンシアはそこそこ良い移籍金を得ることができる。
スペイン現地ではイ・ガンインが移籍できなければ、契約が終了してから自由契約でチームを去ると予想している。


【関連記事】
西メディア:「イ・ガンインへの具体的オファーはない」「バレンシア経営陣は10番を与えようとしたが主将らが激烈に反対」
韓国記者:イ・ガンインの移籍が難しく、久保建英のレンタルが人気な理由



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...