また非難されたイ・スンウ、シントトロイデンを去るのか
デイリアン



※一部要約

"コリアンメッシ"イ・スンウのベルギー生活が容易ではない。
所属チームでは主戦争いで押された中、再び彼の態度について色々と話が多い。

ベルギーメディア"フットバルベルギー"は14日、「イ・スンウは体力が強くて激しいベルギーのスタイルに適していない」と明かした。

それとともに「イ・スンウはかつてバルセロナでプレーした過去を同僚の前で自慢するばかりで、クラブの指針を守らなかった」と彼の態度を問題にした。

イ・スンウの試合外的な部分をめぐって色々と話が出てきたのは今回が初めてではない。
ベルギーに巣を作った後、明確な理由なしで欠場が長引いたときは、監督との不話説が流れたりもした。




スポンサーリンク
楽天





「ベルギーのスタイルじゃないイ・スンウはバルサ時代の自慢ばかりする」
東亜日報



※一部要約

フットバルベルギーは2019年10月にもイ・スンウについて「不誠実な態度で練習中にロッカールームに追い出された」として、「バルセロナでプレーしていたというだけではベルギーでの成功を保証できない」と酷評した。

フットバルベルギーはこの日もイ・スンウのバルセロナでのキャリアを問題にした。
フットバルベルギーは「イ・スンウはバルセロナでプレーしていた自分の過去をあまりにも誇り、クラブの指針を守らずストライキをしたという話がしばしば出た」と明かした。
イ・スンウが過去と変わらずバルセロナでプレーしていた自分のキャリアを自慢し、傲慢な態度で臨んでいるということだ。

このメディアはイ・スンウの競技力と生活態度だけでなく、移籍に対する態度も不誠実だと指摘した。
フットバルベルギーは「イ・スンウはトルコ移籍に情熱的ではなく、交渉に障害物が発生した」として、「トルコ1部リーグ所属のギョズテペに向かうかもしれないという報道はまだ時期尚早だろう」と伝えた。




"悪意的報道"イ・スンウ、STVV去って新たな挑戦準備
OSEN



※一部要約

傍若無人という評価が出てきたが、事実ではなかった。
シントトロイデンのクラブ関係者は国内メディアとのインタビューで「イ・スンウが過去のスポルティング・シャルルロワ戦でコーチ陣の戦術に従わず、ピーター・マース監督と意見の衝突があった。だがバルセロナ時代を自慢したり、続けてクラブの指針を守らなかったことはない。イ・スンウはそういう選手ではない」と説明した。
イ・スンウとチームメイトに問題はなかったという説明だ。

イ・スンウに対する悪意のニュースまで出てきた。
シントトロイデンはこれまでイ・スンウの移籍要請を断ってきた。
また、入団時にオファーした出場保証の約束も果たされずにいる。
なので現地のニュースは理解し難い状況。

シントトロイデンはすでにサンティアゴ・コロンバットをレンタル移籍させた。
マース監督が重用しないという意志をあらわした選手をレンタルさせたのだ。
イ・スンウもマース監督は重視しない見通しなので、クラブは移籍金を貰える状況で色々と悩んでいることが明らかとなった。

悪意のあるニュースが出てきたイ・スンウは、ひとまずシントトロイデンを去ってヨーロッパで選手生活を続けるという意志をあらわしている。
関係者は「今のイ・スンウはヨーロッパ内で選手生活を続けるという意志が強い。ただし、移籍市場の流れによって状況が変わる可能性はある。だが移籍のための最優先条件はヨーロッパクラブへの移籍」と伝えた。


【関連記事】
韓国メディア:ベルギー現地がイ・スンウに悪意的報道「バルサ時代を誇って指針守らず」…トルコ行きは本人が拒否



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...