[オフィシャル] 仁川、"ベテランSB"オ・ジェソク獲得
インターフットボール



※一部要約

仁川ユナイテッドがSBオ・ジェソクを獲得した。

仁川は14日、報道資料で「日本Jリーグで長く活躍してきた代表出身SBオ・ジェソクを獲得した」と明かした。

仁川はKリーグで通算67試合、Jリーグで194試合、そしてACLで19試合に出場した代表出身SBオ・ジェソクを獲得し、2021シーズンでより強力な守備陣を構築する見通しだ。
特に両サイドで活躍できるオ・ジェソクの合流により、サイドの守備の安定化と多様な攻撃オプションを考えられるようになった。

新葛高-慶煕大を経て2010年にKリーグ新人ドラフト1位で水原三星に入団したオ・ジェソクは、その年にプロデビュー戦を行った。
新任だったがリーグ7試合、ACL2試合に出場した彼は翌年、江原FCに移籍して2年間で60試合3ゴール4アシストを記録した。


スポンサーリンク
楽天





仁川、経験豊富なSBオ・ジェソク獲得
スポーツワールド



※一部要約

2013年にJリーグのガンバ大阪に巣を移したオ・ジェソクは、2019年までに7年間で194試合に出場して14アシストを記録し、チームの歴代最長期間所属の外国人選手として活躍した。
彼はチームの2013シーズンのJ2リーグ優勝とJ1リーグ昇格に尽力した後、2014シーズンにJ1リーグ-リーグカップ-天皇杯の3大会優勝、2015シーズンの天皇杯優勝を導いた。
2015年から2017年までの3年間でACL15試合に出場して2アシストを記録し、2018シーズンにはJ1リーグ通算100試合出場の記録を打ち立てるなど、チームの主戦に成長してファンから信頼された。

その後、2019シーズンにFC東京にレンタル移籍して12試合出場、チームのリーグ準優勝の主役として活躍した。
2020シーズンに再びガンバに復帰した後、1試合に出て名古屋グランパスに移籍した。
名古屋所属でカップ大会を含めて23試合に出場し、チームのJ1リーグ3位とリーグ最少失点(34試合28失点)を導いた。

オ・ジェソクは年代別代表を過ごしたエリート出身でもある。
韓国代表所属で合計55試合に出場、1アシストを記録した。
特に2010年の広州アジア大会と2012年のロンドンオリンピックで韓国代表が銅メダルを首にかけるのに大きく貢献した。




[オフィシャル] 仁川、ベテランSBオ・ジェソク獲得…9年ぶりにKリーグ復帰
スポータルコリア



※一部要約

オ・ジェソクは左右のSBをどちらも消化できる多才多能さを持つ。
また、サッカー知能に優れて瞬発力が良く、どのポジションでもプレーできるという点が最大の強みである。
一つのチームに長く留まって着実に活躍し、ファンにも愛される選手だ。

仁川は経験豊富なオ・ジェソクの合流で、守備と攻撃のバランスを取れるようになった。
オ・ジェソクは「久しぶりにKリーグに戻ってきて嬉しい。特にそのチームが情熱的なファンを持つ仁川なのでさらに幸せだ。仁川がより高いところへ上がるため、助けとなる選手になれるよう努力する」と覚悟を明かした。

メディカルテストなどをすべて終えたオ・ジェソクは、チーム練習に合流して本格的な新シーズンの準備に乗り出す予定である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...