Jリーグ出身DFチェ・ジョンウォン、故郷のチーム水原のユニフォーム
ノーカットニュース



※一部要約

水原が左利きのCBを獲得した。

Kリーグ1の水原三星は11日、日本J2リーグのファジアーノ岡山で活躍したCBチェ・ジョンウォンと2年契約を結んだと発表した。

水原出身のチェ・ジョンウォンは186センチ83キロの壮健な体躯を持つ左利きのCBで、J2リーグで3年間活躍して48試合に出場した。

建国大在学中の2017年、第14回デンソーカップ韓日大学定期戦で主将を引き受けて韓国の2対1の勝利を導き、大会最優秀選手を受賞したチェ・ジョンウォンは2018年に岡山に入団した。


スポンサーリンク
楽天





守備補強の水原、J2リーグ岡山のCBチェ・ジョンウォン獲得
ベストイレブン



※一部要約

水原は報道資料で「チェ・ジョンウォン選手の加勢でミン・サンギやヘンリーとともに、より強力で安定した中央守備ラインを構築すると期待している」と期待感をあらわした。



左利きのチェ・ジョンウォンは186センチの身長を活かした高い打点の制空権と、広い守備範囲が強みに挙げられるDFだ。
チェ・ジョンウォンは「水原は今でも私が暮らす故郷だ。幼い頃から夢と目標だった水原に入団することになって光栄であり感謝する」と入団の所感を伝え、「Kリーグ最高の名門クラブに入団したので、水原に相応しい活躍をお見せする」と覚悟を固めた。

先月に日本から帰国したチェ・ジョンウォンは自宅隔離を終えた後、13日にチームに合流して済州キャンプに同行する予定である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...