"Kリーグヤングプレーヤー賞"キム・ジヒョンJリーグ行き?ガンバ大阪獲得推進
MKスポーツ



※一部要約

2020Kリーグ1ヤングプレーヤー受賞者のキム・ジヒョンが日本Jリーグに進出するのか。

日本"日刊スポーツ"は1日、「ガンバ大阪が新シーズンの戦力補強のためキム・ジヒョン獲得を推進しているところ」と報じた。

済州第一高を卒号したキム・ジヒョンは2018年にKリーグデビューし、3シーズンの間に合計21ゴール3アシストを記録した。
2020年の成績は23試合8得点2アシストだった。

それで2020Kリーグ大賞授賞式でKリーグ1ヤングプレーヤー賞の主人公になった。
去年10月にパウロ・ベント監督から招集されて代表に抜擢されたりもした。

"日刊スポーツ"は「大型ストライカー(キム・ジヒョン)は運動量が豊富で最前方からのプレスサッカーを繰り広げるガンバのスタイルに適している」と評した。


スポンサーリンク
楽天





[単独] キム・ジヒョン→蔚山、キム・ドンヒョン→江原、イ・ギュソン→城南、5角トレード電撃成立
スポーツ朝鮮



※一部要約

Kリーグ最高級の選手が中心となった連鎖移籍が行われた。

10日、移籍市場に詳しい関係者によると江原FCのFWキム・ジヒョンが蔚山、蔚山現代のMFイ・ギュソンが城南FC、城南のMFキム・ドンヒョンが江原、江原のMFイ・ヒョンシクが大田ハナシチズン、大田ハナのFWパク・ヨンジが城南にそれぞれ移籍する。

正確には5角トレードではない。
すべての関連クラブの利害が一致した連鎖移動である。
パク・ヨンジ+現金←→キム・ドンヒョン←→イ・ヒョンシクに繋がる3角トレードを皮切りに議論された5角トレードは、その後個別トレードに方向が定まり、最終結果が出てきた。

蔚山は核心FWジュニオと別れた状況で最前方の攻撃を導く国産FWを探した。
キム・ジヒョンがレーダー網にかかった。
移籍市場の当初からキム・ジヒョンを狙っていた蔚山は、クラブワールドカップを前にストライカーの補強に成功した。
軍入隊を悩んでいたキム・ジヒョンは蔚山行きに同意した。







Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...