[単独] "ナウンのお父さん"パク・チュホ、蔚山を去って水原FCに電撃移籍
スポーツ韓国



※一部要約

代表左SBの"ナウンのお父さん"パク・チュホが蔚山現代を去って水原FCに電撃移籍する。

サッカー関係者によると、パク・チュホは最近水原FCへの移籍に合意した。

蔚山現代のアジアチャンピオンズリーグ優勝メンバーとして活躍したパク・チュホはホン・チョルやソル・ヨンウらのライバルが増えた蔚山を去り、Kリーグ1に昇格した水原FCに向かうことになった。

パク・チュホは2008年に日本の水戸ホーリーホックでプロデビューし、日本で2011年夏までプレーしてからスイスのバーゼルに移籍した。
2013シーズンまでプレーしてからドイツ・ブンデスリーガのマインツでプレーし、大活躍してドイツの名門ドルトムントにまで移籍することになった。


スポンサーリンク
楽天





[単独] "ナウンとゴンフのお父さん"パク・チュホ、蔚山を去って水原FCに鳥の巣
ゴールドットコム



※一部要約

2017年12月、ドルトムントとの契約を相互解除したパク・チュホはKリーグ行きを決め、蔚山と4年契約を結んだ。
蔚山で3シーズン活躍し、12月に幕を下ろしたアジアチャンピオンズリーグで8試合に出場して蔚山の優勝に貢献した。

成功的な蔚山生活を後にして、パク・チュホは新たな挑戦に出る。
行き先は昇格チームの水原FCだ。
パク・チュホをめぐって上位圏の企業クラブの1チームと首都圏の市民クラブ1チームが関心を示したが、より多くの出場機会を掴める水原FCがパク・チュホの次期行き先に決まった雰囲気である。

すでに水原FCはユン・ヨンソン、ヤン・ドンヒョン、キム・サンウォンらの最重要な獲得に続けて成功し、堅い戦力を構築している状況だ。
左SBのポジションにはキム・サンウォンがプレーするだけに、パク・チュホは守備型MFと左SBを行き来して自分の"マルチプレーヤー"気質を発揮する見通しだ。

ACL後に国内で自宅隔離中のパク・チュホは、3日正午に隔離から解除される。
自宅隔離を終えて移籍作業の仕上げに入るものとみられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...