[単独] "オチャン"オ・ジャンウン、水原の"パク・ゴナ師団"合流…2軍コーチ担当
スポータルコリア



※一部要約

"オチャン"オ・ジャンウンが水原三星のコーチ陣に合流する。

水原の事情に詳しい関係者は「パク・ゴナ師団の最後のカードが完成した。オ・ジャンウンが水原のコーチ陣に合流する」と伝えた。

水原は新シーズンの準備の真っ最中である。
水原から積極的な支援を約束されたパク・ゴナ監督は、コーチ陣の改編に力を入れている。
パク・ゴナ監督の就任前からともにしていたキム・ボンスコーチとキム・ドゥヒョンコーチが各々の道を選んだ中で、水原のワンクラブマンでありレジェンドと呼ばれるキム・テファンコーチの合流が優先的に決まった。
キム・ドゥヒョンコーチの空席はチョ・ジェミン2軍コーチが埋める。


スポンサーリンク
楽天







パク・ゴナ師団の最後の一席の主人公はオ・ジャンウンだった。
FC東京で指導者経験を積んだオ・ジャンウンが水原の2軍コーチとして合流する。
現在、日本に留まっているオ・ジャンウンは、近いうちに帰国して水原と正式にコーチ契約を結ぶ予定である。

オ・ジャンウンは誰よりも水原をよく知る人物の1人だ。
2011年にユン・ソンヒョ監督に招請されて水原のユニフォームを着たオ・ジャンウンは、様々なポジションを消化してファンの大きな愛を受けた。
キャリアで最も長い時間の6年をともにしたため、水原への愛情は特別にならざるを得ない。
オ・ジャンウンは水原が引退式を行った数少ない選手の1人でもある。

2019年に選手引退を宣言したオ・ジャンウンは、指導者として第2の挑戦に乗り出した。
ドイツでユース指導研修を受けてから勉強する指導者としての道を探し、プロ生活を始めた東京でサッカースクールのコーチとして経験を積んだ。
自分に機会を与えてくれた東京を去るのは容易なことではなかったが、水原のオファーもやはり拒めなかった。
自分がかなり以前から夢見ていたことだからだ。

一方、AFCチャンピオンズリーグから帰ってきた水原は、25日の自宅隔離解除から短い休暇に入った。
1月中旬に再び集まる予定だが、29日に帰国して2週間の自宅隔離に入るオ・ジャンウンもプレシーズン開始に合わせて合流できるものとみられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...