"選手選抜不正疑惑"コ・ジョンス元監督に執行猶予
ソウル新聞



※一部要約

プロサッカー大田シチズンの選手選抜不正疑惑で裁判にかけられたコ・ジョンス元監督に懲役刑の執行猶予が宣告された。

大田地方裁判所刑事12部は11日、業務妨害容疑で起訴されたコ元監督に懲役6ヶ月に執行猶予1年を宣告した。
コ元監督は2018年12月頃、当時市議会議長だったキム・ジョンチョン市会議員の請託を受け、キム議員の知人の息子を公開テストの合格者リストに入れる方法で、公正でなければならない選手選抜業務を妨害した嫌疑を持たれていた。

裁判所は「市民が株主として参加する市民クラブの監督であり、有名サッカー人が地域民の期待を裏切った」として、「予算審議の議決権を持つ市議長の要求を拒否できずに犯行をした点を量刑で考慮した」と明かした。


スポンサーリンク
楽天





"大田シチズンの選手選抜不正疑惑"コ・ジョンス元監督に懲役刑執行猶予
聯合ニュース



※一部要約

裁判所は「公開テストの選手選抜は基本的にクラブの業務なので、監督に全面的に委任されたものではない」として、「不正な方法で選手を合格させることによってクラブ業務を妨害した嫌疑は認められる」と語った。

"選手団予算の不足分を追加予算に編成する"として、コ元監督や大韓サッカー協会登録仲介人らに不正な選手選抜を要求し、知人から洋酒や時計などを受け取ったキム・ジョンチョン元議長には、賄賂授受罪で懲役4ヶ月に執行猶予2年、業務妨害罪で懲役1年に執行猶予2年がそれぞれ下された。

罰金30万ウォンと追徴金28571ウォンも宣告された。



裁判所は「クラブ全般に絶対的な影響を及ぼす市議会議長の職務を利用し、監督に不正な選手選抜を要求して69000ウォン相当の対価性金品と饗応を受けた」として、「それに加えてコ・ジョンス被告人らと共謀し、偽計でクラブ業務を妨害することもした」と強調した。

現在、大田市議会議員のキム・ジョンチョン元議長は、この刑が確定すれば議員職を失うことになる。

一緒に起訴されれたサッカー協会登録仲介人もやはり業務妨害罪が認められ、懲役6ヶ月に執行猶予1年が宣告された。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...