キ・ソンヨン選手の父キ・ヨンオク元光州FC団長が横領疑惑で捜査
ソウル新聞



※一部要約

代表出身サッカー選手キ・ソンヨンの父であるキ・ソンヨン元光州FC団長が横領疑惑で捜査を受けることになった。

7日、光州市によると、8月に光州FCの特定監査を始めてキ元団長の横領疑惑を確認し、最近警察に捜査を依頼した。

市監査委員会は、キ元団長が2015年から今年1月まで光州FCの団長を歴任してクラブ予算の3億3000万ウォンを引き出して私的に使った事実を摘発し、担当部署の体育新興に捜査を依頼することを求めた。

キ元団長は支出関連の書類を提出せず、理事会の議決も受けなかったことが確認された。

市はキ元団長の他にも光州FCの職員2人を横領などの疑惑で捜査を依頼した。


スポンサーリンク
楽天





[単独] "キ・ソンヨンの父"キ・ヨンオク元光州FC団長が3億の横領疑惑で捜査
韓国日報



※一部要約

最近、プロサッカーKリーグ2・釜山アイパークの新たな"船長"に選任されたキ・ヨンオク代表理事が、光州FC団長の在任時期にクラブ運営費の3億3000万ウォンを密かに流用し、後で返していた事実が光州市監査委員会の監査結果で明らかとなった。
キ代表はイングランド・プレミアリーグでプレーしたサッカー選手、キ・ソンヨンの父である。

光州FCの特定監査結果処分要求書によると、キ代表は光州FC団長として在任中だった2018年10月12日にクラブの予算支出通帳から3000万ウォンを引き出して3日後に償還した。
また、去年1月10日と2月28にも広告収入通帳からそれぞれ2億ウォンと1億ウォンを引き出した。

この過程でキ代表は(予算)支出稟議登録などの支出処理手続きもせずに金を引き出して個人的に使った。
キ代表はその後、広告収入通帳から引き出した3億ウォンを去年3月から12月までに1億ウォンずつを3回に分けて自らの予算支出通帳に入金する方式で償還した。
キ代表は2015年4月6日~今年1月13日まで光州FC団長を歴任した。

光州FCの会計規定には、クラブが支出の原因行為を行う際は配分された予算の範囲内で執行し、金銭を支払う際も必ず受取人の領収書やそれに代わる書類を受け取ることになっている。
また、理事会の規定にも予算の支出など、会社経営に関する重要事項は理事会の議決を受けることになっている。
だがキ代表は光州FC団長の在職当時、そのような手続きも経ずに、事務局職員に会社資金の引き出しを要求したことが監査結果で確認された。

光州市の監査委員会はそれにより、キ代表に対して横領の疑惑で捜査機関に捜査を依頼するよう市体育振興課に求めた。
また、光州FCの役職員が光州市の補助金の他に入場料収入などの自前予算を不当に流用することがないよう、関係者に適正な措置を取って指導・監督業務を徹底するよう注意した。
光州市は最近、警察にキ代表の捜査を依頼した。

キ代表はこれについて「光州FC団長を勤めていた当時、個人的に急にお金を使うことになったので、会社の予算の一部を差し引いて使ってから償還した」として、「そのとき引き出したお金は光州市から支援される補助金ではなかったので、会社のお金を引き出すことについて軽く考えていた」と釈明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...