ユン・イルロク、PSG相手に今シーズン初の先発出場…モンペリエ1-3の完敗
ニュース1



※一部要約

フランス・リーグ1で活躍中のユン・イルロクが今シーズン初の先発出場をしたが、チームの敗北を防げなかった。

モンペリエは6日にフランス・モンペリエのスタッド・ドゥ・ラ・モッソンで行われたパリ・サンジェルマンとの2020-21フランス・リーグ1・13ラウンドに1-3で完敗した。

ユン・イルロクはリーグ1最強チームのPSGを相手に、今シーズン初先発の機会を掴んだ。
今シーズンの序盤7試合で出場機会を掴めなかったユン・イルロクは、10月のスタッド・ランスとの8ラウンドから交代で出始めた。

最近の4連勝の勢いが折れたモンペリエは7勝2分け4敗(勝ち点23)で6位をマークした。
首位PSGは9勝1分け3敗(勝ち点28)で2試合少ないマルセイユ(7勝3分け1敗・勝ち点24)との勝ち点差を4に広げた。


スポンサーリンク
楽天





立場を広げるユン・イルロク、ヨーロッパで証明できる適期
フットボールリスト



※一部要約

出場時間を増やしていたユン・イルロクは、今シーズン初めて先発リストに名前を上げた。
シーズン序盤の立場は非常に不安だった。
開幕戦から7試合欠場した後、8ラウンドになってシーズ初戦をプレーすることができた。
そのときは10分ほどを消化した。
その後、すべての試合で交代出場して10ラウンドを除き20分以上プレーした。

久しぶりに長い時間を与えられたユン・イルロクは、4-3-3フォーメーションで3トップの中央FWとして出た。
ユン・イルロクは前半4分に光る突破力を披露した。

この日、モンペリエが隙さえあればすぐにシュートを試みていた中で、ユン・イルロクは主にパスプレーで同僚を支援した。
チーム全体のシュートは17本だったが、ユン・イルロクはわずか1本に終わった。

代わりに良質のパスを数本披露した。
特に前半41分の同点ゴールの状況では、ユン・イルロクのパスから攻撃が始まった。
その後、ラボルドが上げたクロスをマヴィディディが決めた。

久しぶりに先発出場したユン・イルロクは、後半18分に交代アウトとなった。
試合終了後、ヨーロッパサッカー統計専門メディアの"フースコアードドットコム"はユン・イルロクに評点6.4を与えた。
通常は無難な活躍を見せた選手が受ける評点である。

ユン・イルロクに十分な出場時間が保障されずにいるため、今のように機会が訪れたときに良い姿を見せる必要がある。
まだ攻撃ポイントがないという点が最も惜しい。
ユン・イルロクの契約期間は今シーズンまでだが、2年延長のオプションがついているという。
期間延長のためには競技力で証明しなければならない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...