[単独] FCソウル、"パク・ジンソプの愛弟子"ナ・サンホ獲得迫る
スポータルコリア



※一部要約

ナ・サンホがパク・ジンソプ監督とともにFCソウルへ向かう。

サッカー界の複数の関係者は4日、「ナ・サンホのソウル行きが近づいた。最後の手続きさえ問題なく完了すれば移籍が成立する。光州FC時代に一緒だった過去の師匠パク・ジンソプ監督と同行する」と伝えた。

2017年に光州FCでデビューしたナ・サンホは、2年目の2018年にリーグMVPと得点王(16ゴール)を獲った後、FC東京に移籍した。
その年のジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを取って兵役問題まで解決するとともに、さらなる飛躍を夢見た。

だがJリーグでナ・サンホの活躍は期待に届かなかった。
交代で着実に試合に出たが、Kリーグで見せていた爆発的な姿は出なかった。
異国生活での困難もあった。
そこでナ・サンホはKリーグ復帰を打診し、昨夏に城南FCへ短期レンタルでKリーグに復帰した。

Kリーグでナ・サンホは明確に違っていた。
今シーズン19試合に出場して7ゴールを記録し、城南の劇的な残留で輝かしい功績を打ちてた。
城南での活躍でKリーグでは通用するという確信を得て、より積極的に国内チームを調べた。


スポンサーリンク
楽天





ちょうどソウルが彼に関心を示した。
パク・ジンソプ監督のソウル行きの問題が解決され、さらに弾みを得ることになった。
パク監督は最近、光州FCとの美しい別れを発表し、新たな挑戦を予告していた。
ソウルとの契約条件の合意は終えて、発表だけを残している。

サッカー界の関係者は「パク・ジンソプ監督のソウル行きが円満に解決すれば、ナ・サンホのソウル移籍は自然とついてくる手続きだった。パク監督もナ・サンホと一緒にすることを望んだ」と説明した。
ナ・サンホは光州時代にパク・ジンソプ監督の信頼で驚異的な成長の勢いを見せた。
今の代表のナ・サンホも、パク・ジンソプ監督がいたからこそ可能だったと見ることができる。




ソウル、パク・ジンソプ監督と契約締結+ナ・サンホ獲得有力
OSEN



※一部要約

パク監督の招聘に成功したソウルは外国人指導者の招聘を推進していたが、負担が大きかった。
また、国内指導者の支援を受けて、2人の最終候補のうちパク・ジンソプ監督を指名した。
違約金の問題で難しさがあったが、ソウルは最終的にパク・ジンソプ監督の招聘に成功した。

一方、パク・ジンソプ監督はソウルで光州時代に指導したナ・サンホと会うことになった。
昨シーズンに城南でレンタルとしてプレーしたナ・サンホは新たな出発が必要だった。
短期間だったが城南で活躍したナ・サンホは、最終的にパク・ジンソプ監督とともにソウルへ向かう。
サッカー界の関係者は「ナ・サンホのソウル入団が有力だ。細部の事項だけ調整すれば良い。大きな問題なくソウル行きが決まるだろう」と説明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...