シントトロイデンがマスカット監督更迭、イ・スンウ危機と機会の間
スポーツ京郷



※一部要約

イ・スンウの所属チームであるシントトロイデンのケビン・マスカット監督が更迭された。
最下位チームに敗れるなど最近4試合連続無勝に陥り、降格圏墜落が現実に迫ってクラブが強硬姿勢を打ち出した。
今シーズンのマスカット監督体制で適応するかと思われたイ・スンウは、降格圏脱出と新コーチングスタッフ体制の目に留まらなければならない課題を受けた。

シントトロイデンは2日、ロイヤル・エクセル・ムスクロンとの2020-2021ベルギープロサッカー・ジュピラーリーグ11ラウンド遠征に2-3で敗れた。
リーグ最下位のムスクロンに敗れたシントトロイデンは4試合連続無勝(2分け2敗)の不振に陥り、16位に留まった。
イ・スンウはベンチで交代メンバーとして待機したが、試合に投入されることができずにチームの敗北を見守らなければならなかった。

イ・スンウはマスカット監督体制でシーズン序盤に主戦として起用され、多くの機会を掴んだ。
そんな中で最近、チームの不振の中でマスカット監督が新たな選手で雰囲気を変え、イ・スンウは交代メンバーに転落した。
最近は4連続交代で出て平均8分の出場に留まっていたイ・スンウは、この日はまったくグラウンドを踏むことができなかった。

イ・スンウはチームの不振と監督更迭により、不透明な雰囲気の中で主戦競争までしなければならなくなった。
容易ではない状況だが、乱世で自分の真価を示せば危機は機会にすることもできる。
イ・スンウにとってあまりに重要な12月だ。


スポンサーリンク
楽天





「STVV更迭マスカット監督、オーストラリアサッカーの自尊心だったが…」
スポーツ京郷



※一部要約

オーストラリアメディアのザ・ワールドゲームは2日、マスカット監督更迭のニュースとともに「オーストラリアで成功的だった監督生活をヨーロッパでも続けるよう願っていた人々を失望させた」と伝えた。

マスカット監督がオーストラリアAリーグで非常に成功的なキャリアを送ったので失望が大きかった。
オーストラリア代表出身のマスカットはメルボルン・ビクトリーでコーチと監督代行を経て、2013年10月に監督まで上がった。

彼は2014~2015シーズンと2017~2018シーズンのオーストラリアAリーグでチャンピオンになるなど、オーストラリアで成功的な監督生活を続けてきた。
オーストラリアリーグでの成績を足がかりにヨーロッパまで進出し、オーストラリアサッカーの自尊心と呼ばれた。

このメディアは「ヨーロッパ上位10リーグでの監督はほとんどヨーロッパ人や南米人だが、マスカットは彼らの隙間で監督をした」として、「彼はオーストラリアから来た外国人として生き残り、尊敬されるために努力して意識してきた」と伝えた。
マスカットはヨーロッパと南米が中心の世界のサッカー地図で、相対的に辺境国の出身監督として自尊心を持って挑戦したのである。

だが残念ながら6ヶ月で更迭され挑戦は立ち止まった。
このメディアは「ヨーロッパの考え方が変わるには、時間とさらなる強力な結果が必要」と指摘した。

それでもオーストラリアサッカー界はマスカットの挑戦に高い点数を与えた。
フィル・モス元セントラルコート監督は「ヨーロッパは破るのが難しい国だ。我々コーチが海外で上手くやることを願っているが、ケビン・マスカットが初めてこういう挑戦をしたという事実を忘れずにいるべきだ。これは重要である」と語った。




[ベルギー通信] STVV、ホラーバッハ選任予定…イ・スンウの立場に影響及ぼすか
スポータルコリア



※一部要約

ベルギーメディア"ヘットべラング・ファンリンブルフ"はマスカット監督の解任を報じて、新任監督に「ドイツ出身のホラーバッハ監督を選任する予定」と報じた。

このメディアによると「ホラーバッハは7日からシントトロイデンの練習に関わる予定」として、「彼は過酷な練習をすることで有名だ。マルク・ブレイス元監督のようにスパルタ式練習をさせる」と紹介した。

ホラーバッハ監督が昨シーズンにイ・スンウを苦労されたブレイス元監督と似ている性向だという話が出てきて、イ・スンウの立場でも影響が避けられないように見える。

"スポータルコリア"はマスカット監督解任とホラーバッハ監督選任のニュースを一番最初に伝えたピーター・ファン・ロンメル記者に、今後のイ・スンウの立場への影響について尋ねた。

ロンメル記者は「ホラーバッハ監督はシントトロイデンと契約を結び、まもなく公式発表するだろう」と伝えた。
続けて「ホラーバッハ監督の性向とサッカー哲学を知らいないので正確にはわからないが、厳格な規律を重視する監督なのでイ・スンウには明らかに影響があるだろう。詳細な事柄は7日のホラーバッハ監督のメディアブリーフィングで知ることができるだろう」と伝えた。

ホラーバッハ監督のベルギーリーグの司令塔キャリアは今回が初めてではない。

彼は昨シーズン、ロイヤル・エクセル・ムスクロンの指揮棒を取って8勝9分け7敗を記録、リーグ10位を導いた。
それでも6月に彼はムスクロンの司令塔から退いた。
理由はチームの財政難のためだった。
彼は解任直後のインタビューで「いつかまたベルギーリーグで監督を引き受けたい」と明かしていた。
彼の希望通り、シントトロイデンの監督としてベルギーリーグに復帰することになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...