"19歳最高の選手"候補4人にイ・ガンインなく久保は入る
スポーツ京郷



※一部要約

イ・ガンインはなく久保のみ。

イ・ガンインが満19歳で最高の選手を取り上げたあるメディアのリストに入ることができなかった。
一方、日本の久保建英は入って悲喜が行き違った。

スポーツ専門インターネットメディアの"ブリーチャーレポート"は11日、"現在の各年齢で誰が最高か?"という掲示物を上げた。
満17歳から24歳までの各年齢で指折りの4人の候補を上げ、誰が最高なのかファンの意見を聞いた。

19歳最高の選手候補でイ・ガンインは抜けて久保は入った。
このメディアはレアル・マドリードのロドリゴ、マンチェスター・ユナイテッドのメイソン・グリーンウッド、アーセナルのブカヨ・サカとともに久保を取り上げた。
多くのファンはサカとグリーンウッドの手を上げた。
一部のファンが久保を選択したりもした。

2001年生まれで10代の最後を過ごしている彼ら新星の中にイ・ガンインもかなり含まれてきたが、昨シーズンから試合出場数が減って名前を上げられなかった。
去年、FIFA U-19ワールドカップのMVPになってこの年代で全世界のサッカーファンに強い印象を残したイ・ガンインだが、所属チームではなかなか多くの機会を掴めなかった。

それとともに自然と身代金と認知度が下がっている。
イ・ガンインは3日、FIFA傘下の国際スポーツ研究所(CIES)が発表した"5大ビッグリーグ所属で2000年以降出生選手の市場価値"報告書で1560万ユーロと評価された。
全体37位である。
ここで久保は全体13位の4840万ユーロ(約640億ウォン)の身代金と評価された。


スポンサーリンク
楽天





"また下落"ソン・フンミン、UEL選手ランキング10位…ケイン3位-久保5位
エクスポーツニュース



※一部要約

ソン・フンミンのつま先が鈍った中、UEFAヨーロッパリーグの選手ランキングも下落した。

UEFAはUEL出場チームの選手を対象に、リーグとUELでの活躍を参酌して順位をつけている。

ソン・フンミンは先月22日に首位に上がった後、29日に2位に下がった。
11月に入ってランキングが3位に落ち、5日基準では9位まで下がった。
そして11日基準で一段さらに落ちて10位になった。



今シーズンのソン・フンミンはずば抜けた活躍をしている。
イングランド・プレミアリーグの8試合に出て8ゴール2アシストを上げ、UELでも交代だけで3試合に出場して1ゴール1アシストを記録中だ。
だが最近は5試合続けて沈黙し、ランキングが落ちたものとみられる。

ソン・フンミンとともにトッテナムの上り調子を導くケインは3位を占めた。
6日に4位に上がった後、2位と3位を行き来している。

日本の期待株・久保建英も上位圏にいた。
久保のランキングは5日に2位まで上がり、11日基準では5位まで下がった。
久保は今シーズンのビジャレアルでベンチ資源だが、UELで機会を貰っている。
UEL3試合に出て1ゴール3アシストを上げたのが、上位圏を維持している秘訣とみられる。

選手ランキングの頂点には5日のACミランとの試合でハットトリックをしたユスフ・ヤズジュ(リール)が立った。


【関連記事】
韓国メディア:ワールドクラスのソン・フンミン、EL選手ランキングで2位下落…久保建英は5位上昇
韓国メディア:ソン・フンミンと久保建英の能力値が疑問のサッカーゲーム…代表主将のリーダーシップが19歳に遅れてると?
韓国メディア:「1000億の男」イ・ガンインの市場価値が半年で30%も下落…久保建英は3倍以上を誇る



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...